フットサルのFリーグ・オーシャンカップは16日、名古屋金城ふ頭アリーナなどで準々決勝が行われ、名古屋オーシャンズはYS横浜を2―0で下し、準決勝進出。18日に大阪と対戦する。

 今季、名古屋の初ゴールは金澤。前半5分、左サイドを攻め上がった吉川からのパスを右前に詰め、右足で押し込んだ。「得点に絡むのが自分の課題。1点取れてうれしい」と先制弾を喜んだ。

 今季から指揮を執るイマノル監督の戦術はピッチを広く使い、ボールも人も動くスタイル。運動量が豊富でスピードが武器の金澤は「一人一人がボールをたくさん触ってリズムを出していくスタイルなのでやっていて楽しい」と力を発揮した。

 代表では主力だが、立川から移籍した昨季、出場時間は多くなかった。この試合では相手がパワープレーを仕掛けた終盤の守備でも活躍し、「もっともっと魅力的なフットサルを見せたい」と意気込んだ。