◇18日 フットサル Fリーグ・オーシャンカップ 準決勝 名古屋オーシャンズ2―1シュライカー大阪(金城ふ頭アリーナ)

 Fリーグ7連覇の名古屋オーシャンズが逆転勝ちで決勝進出を決めた。

 0―1で折り返した後半、名古屋は攻勢に出た。1分には速いパス回しからアンドレシートが中へ切り込み、利き足の左で同点弾。終了間際の19分には右足で決めて勝ち越した。「逆転できるというメンタルでプレーできたのが2ゴールにつながった」とうなずいた。

 この試合で4月のアジア・カップ直前、右太もも裏の肉離れで日本代表を離脱したピヴォ(FW)の清水が今季初出場。得点に絡んだ。戦力は着々とそろいつつある。

 決勝の相手は、昨季のリーグ戦で最終戦まで優勝を争った町田。今季の幕開けとなる大会で、名古屋は6大会連続11度目の優勝を狙う。