フットサルのFリーグ、名古屋オーシャンズは21日、名古屋市の熱田神宮を参拝。今季から指揮を執るイマノル監督(52)、吉川智貴主将(35)らが今季の必勝を祈願した。初参拝となったイマノル監督は、「日本の文化に触れられるすばらしい場所。静かに自分のことや選手のことなどを考える良い時間になった」と語った。

 チームは19日、今季最初の大会となったオーシャンカップで優勝を飾り、一つ目のタイトルを手にした。吉川は「短い準備期間で優勝できた。今季のフットサルは時間がたてばたつほど成熟する。リーグ開幕までにより良くしたい」と話した。

 新加入のブラジル出身のファビーニョも今週中には合流予定。8連覇が懸かる名古屋のリーグ初戦は6月2日、ホームの名古屋金城ふ頭アリーナでしながわと対戦する。