◇29日(日本時間30日) メッツードジャース(ニューヨーク)

 ドジャースの大谷翔平選手が29日、メッツ戦に「2番・DH」で出場し、8回に14号2ランを放った。5月17日以来、10試合&46打席ぶりアーチ。

 不調だった大谷がニューヨークでアーチをかけて復調の兆しを見せた。5回に貴重な追加点となる中前適時打を放つと、4点を勝ち越してなおも8回2死二塁の第5打席だった。2球で追い込まれたが、外角のシンカーに反応。打球は左翼フェンスを越えた。6点差とする14号2ラン。メッツの本拠地シティーフィールドでの本塁打は初めてだった。メジャー7年目で26球場目(現在の本拠地では24カ所)の一発で、残りノーアーチの球場はレッズ、パイレーツ、フィリーズ、カージナルス、ダイヤモンドバックス、マーリンズの6カ所だ。

 前日、ダブルヘッダー第2試合を休養のため欠場。2試合ぶりの出場となった大谷は、1回は左飛、3回は内角に食い込んでくる球を引っ掛けて二ゴロだった。2点リードの5回1死二塁の第3打席は、内に食い込む球に対応して、打球速度114.1マイル(183.6キロ)の痛烈な打球を放ち、中前適時打。8打席ぶり安打とし、ベンチに戻ると、笑顔が弾けた。同点の7回は、内角高めのボール球に手を出して空振り三振に終わったが、8回に一発を放って溜飲を下げた。

 5月16日にけん制球が左太ももを直撃。そこから、打撃は下降線を辿った。前日のダブルヘッダー第1試合も5打数無安打と精彩を欠いたが、ロバーツ監督は「(左脚は)100%に近づいている。あまり心配していない」と語った。指揮官の言葉通り、結果を出した。