◇30日 阪神0―6日本ハム(甲子園)

 阪神は、「6番・投手」で出場した日本ハム・山崎福也に投げては7イニング3安打無失点に抑えられ、打っては先制打を許しての完敗だった。前日に続き「新庄劇場」の盛り上げ役になってしまったことに、ネット上では「阪神ボコボコにされとる」「びっくりするぐらい阪神は見所なし!!」など厳しい声が飛びかった。

 4回に喫した打者・山崎の先制打は先発・西勇の141キロ直球を中前に運ばれ、勢い付いた日本ハムは一挙4得点。一方、打線は投手・山崎の緩急を織り交ぜたテンポのいい投球に翻弄された。

 阪神ファンからは「マジで日ハム強え〜 いい意味で山崎福也が嫌いになったぜ。ナイスピッチングにナイスバッティングだった」「山崎福也が打点あげられるのにチームで打点あげられない阪神」「山崎福也と勝負したらアカン」「山崎福也>>>>>>>>阪神野手」など、打線が湿り続けるチームへの喝が止まらなかった。