◇11日 日本ハム0―4中日(エスコンフィールド北海道)

 日本ハムの新庄剛志監督(52)が勝利投手となった中日の高橋宏斗投手(21)の投球を、「どうやって攻略すればいいんですか?」とシャッポを脱いだ。

 7イニングで3安打無失点と完膚なきに抑えられて、7奪三振のうち3個が見逃し三振だった。「見逃し三振が多いってことは手元で打ちにいってバットが出ないぐらいのボールが来ていたんでしょうね。いや素晴らしい。今まで見た中でも、本当にトップレベルのピッチャーだなって思いましたね」とお手上げ状態だった。

 特に、走者を出したときにギアチェンジを入れるベテラン顔負けの投球術を「すごいっすよ。本当に素晴らしいピッチャー」とべた褒め。13日の中日戦に先発登板する見通しの福島蓮投手(21)には試合前にギアチェンジについての話をしていたそうで、「ランナーがたまったときに、ギアをポンッて上げられるようなピッチャーを目指していこうという話はしたんだよね」。目の前にお手本通りの投手が出現したことに舌を巻いた。

 チームは今季2度目の3連敗。新庄監督にとっては就任3年目で初めて中日戦で黒星が付いた。