◇17日(日本時間18日) 大リーグ ロッキーズ―ドジャース(デンバー)

 ドジャースの大谷翔平選手が敵地でのロッキーズ戦に「1番・DH」で出場し、3―1の4回1死走者なしで迎えた第3打席で、相手先発右腕のクワントリルに1ボール2ストライクと追い込まれながら変化球を捉えた打球は右中間へ。バウンドした打球を中堅手が収めたが、大谷は快足を生かして二塁に到達。二塁打とし、2打席目の右前適時打と合わせて2試合連続のマルチ安打とした。

 SNSではこの走塁にファンらが反応。「調子上がってきましたね」「ナイスツーベース」「絶好調」など称賛する声のほか、チームに故障者が相次いでいることから「膝やらんといてな」「無茶しないでくれ」という意見も上がった。