◇20日(日本時間21日) ロッキーズ3―5ドジャース(デンバー)

 ドジャースの大谷翔平選手が20日、ロッキーズ戦に「1番・DH」で出場し、1回に先頭打者本塁打を放った。2試合ぶり21号先制ソロで、ナ・リーグの本塁打キング単独トップに浮上。安打数でメジャー通算775安打となり、青木宣親を抜き、日本選手歴代単独3位となった。この日は3打数1安打、1四球、1申告敬遠だった。チームは5−3で逃げ切り、貯金を「17」とした。

 ◇

 大谷がいきなり魅せた。1回先頭で打席に入ると、左腕ブラックの甘いシンカーを捉えた。打球は中堅手のグラブをわずかに超えてフェンスオーバー。球場が騒然とする中、ダイヤモンドを1周した。先頭打者本塁打は今季初で、自身7度目となった。8回は2死二塁になった後、今季2度目の申告敬遠で出塁。多くのドジャースファンが詰めかけた敵地で、ブーイングが起きた。

 試合後、ロバーツ監督は大谷について「絶好調が続いているね」とご満悦。3番のフリーマンは「いつでも、先頭打者アーチは素晴らしいことだ。あの1本は大きかった。彼が一番でも、何番でも、打ってくれることはいつでも素晴らしいよ」と語った。