◇23日 中日―広島(バンテリンドーム)

 中日の投手交代が認められない場面があった。2番手斎藤が登板中、1―1の7回2死一、三塁で上本を迎えたところで大塚投手コーチがマウンドへ。話し終えてベンチへ戻る途中に立浪監督が球審に歩み寄り、投手交代を告げたかにみられたが、認められなかった。

 公認野球規則には「監督(またはコーチ)が投手のもとへ行った後、ファウルラインを越えて引き上げたら、その投手は、そのときの打者がアウトになるか、走者になるか、または攻守交代になるまで投球した後でなければ退くことはできない」と定められている。大塚投手コーチはファウルラインを越えていたと判断されたとみられる。

 その後斎藤が上本を三振に仕留め、ピンチを切り抜けた。