◇25日 高校野球練習試合 神戸弘陵―生光学園(兵庫県三木市・三木山総合運動公園野球場)

 今秋ドラフト候補に挙がる剛腕同士が練習試合で対戦した。神戸弘陵高(兵庫)・村上泰斗投手(3年)と生光学園高(徳島)の川勝空人投手(3年)だ。ともに自己最速153キロの本格派右腕。ネット裏にはプロ野球10球団の幹部を含めた約40人のスカウト陣が集結して、両投手の投げ合いに注目した。

 神戸弘陵の村上は先発して5イニングを1安打、11奪三振の無失点に封じた。180センチ、76キロの右腕。この日最速149キロストレートにカーブ、スライダー、フォークなど変化球を駆使して、立ち上がりは3者三振。3回も3者三振と力でねじ伏せた。

 視察した阪神の熊野輝光スカウトは「今年になって、変化球が良くなった。走者を背負ったときに制球を乱したが、珍しいこと。ドラフト上位候補に挙がってくるのではないか」と高評価を口にした。

 一方、生光学園の川勝は5回からリリーフ登板して、3イニングを1安打、1奪三振、4四死球の無失点に抑えた。180センチ、84キロの右投げ右打ち。この日最速はプロ球団のスピードガンで152キロを計測した。

 視察した阪神の山本宣史スカウトは「出力の高い投手。春先のほうが球の強さがあったが、(右肘の)故障明けだから十分の内容。夏の大会までに状態も戻ってくると思います」と話した。