■美しくエレガントに開くバタフライドアを採用

2650万円〜というプライスタグを引っ提げ、日本でも受注が開始されているマセラティのスーパースポーツカー「MC20」。そのシェイクダウンが2021年9月23日(木)に鈴鹿サーキットで行われました。2020年にモデナ、東京、ニューヨークで同時発表された同モデルが日本上陸を果たしたことになります。

マセラティ
新型MC20(青)と先代モデルといえるMC12(白)

MC20は、今回のシェイクダウンに一緒に登場したMC12の後継モデルといえるスーパースポーツカー。マセラティは、2004年にMC12でレースに復帰。さらに、この先代モデルと同様に、MC20とともにレース界に復帰することになります。

マセラティMC20は、最高出力630ps、最大トルク730Nmを誇る3.0Lターボを搭載。このパワーユニットは、自社開発の新型V6エンジン「Nettuno(ネットゥーノ)」で、0-100km/h加速は2.9秒以下、最高速度は時速325km/h以上に到達。

組み合わされるトランスミッションは、8速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)。ボディサイズは全長4669×全幅1965×全高1221mm(欧州仕様)です。

MC20
マセラティMC20のシェイクダウンの様子

今回の鈴鹿サーキットのシェイクダウンでは、100%自社開発となるマセラティのハイパフォーマンスな「ネットゥーノ」エンジンのサウンドを響かせたそう。1500kg以下という軽量ボディにより、圧倒的な加速と最高速度を実現。

鈴鹿に登場したMC20のボディカラーは、専用色として開発された「Blu Infinito:ブルー・インフィニート」。同モデル専用に6色「ビアンコ・アウダーチェ」「ジャッロ・ジェニオ」「ロッソ・ヴィンチェンテ」「ブルー・インフィニート」「ネロ・エニグマ」「グリジオ・ミステロ」の特徴的な専用カラーが用意されています。モデナの工場でペイントされる、初のマセラティ・プロダクトになっています。

マセラティMC20
MC20のバタフライドア

MC20のハイライトは、そのハイスペックだけでなく、デジタル化されたインパネ、最高レベルの人間工学に基づいてデザインされた同ブランド初のバタフライドアなどもあります。バタフライドアは、走りへの期待感を高めるだけではなく、キャビンへのアクセスを容易にする乗降性も備えているそうです。

(塚田 勝弘)