■フロントマスクをリフレッシュ

2021年12月3日、スズキは軽スーパーハイトワゴンの「スペーシア」「スペーシア カスタム」「スペーシア ギア」を一部改良しました。

また、「スペーシア ギア」に特別仕様車の「MY STYLE」が新設定され、2021年12月24日に発売されます。「スペーシア 車いす移動車」も一部改良を受け、2022年1月27日から発売されます。

スズキ スペーシア
一部改良を受けたスズキ・スペーシア

今回の一部改良では、様々なデータの送受信が可能になる車載通信機が新たに搭載され、軽自動車でもコネクテッドサービスを享受できます。

同サービスは「スズキコネクト」と命名され、大型の9インチHDディスプレイのメモリーナビゲーションを「全方位モニター用カメラ」と、この「スズキコネクト対応通信機」とセットで設定。

スズキ スペーシア
スズキ・スペーシア カスタムのエクステリア

エクステリアデザインもリフレッシュされています。

スペーシア、スペーシア カスタム、スペーシア 車いす移動車のフロントグリルのデザインが変更されています。スペーシア カスタム、スペーシア ギアは、インパネカラーパネルやシートなどのアクセント色が変更されるなど、内装のデザインも変わっています。

スズキ スペーシア
スペーシア ギアの「HYBRID XZ」

ほかにも、車線逸脱抑制機能が新たに採用され、先進安全装備もアップデートされています。先述したスペーシア ギアの特別仕様車「MY STYLE」には、ホワイトのサイドドアガーニッシュ、ドアハンドル、アルミホイールなどで仕立てられたエクステリアを用意。

スズキ スペーシア
コネクテッドサービスの「スズキコネクト」に初対応

内装は、ブラウン基調のインパネカラーパネルやシート表皮が採用されています。ホワイト2トーンルーフが組み合わされた全4パターンのボディカラーにより、ナチュラルでカジュアルなアウトドアテイストを醸し出しています。

なお、スペーシア、スペーシア カスタム、スペーシア ギアは、「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定車」「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」に該当します。

・スペーシア:139万4800円〜165万6600円
・スペーシア カスタム:166万3200円〜200万6400円
・スペーシア ギア:172万5900円〜192万2800円
・スペーシア ギア特別仕様車「MY STYLE」:179万3000円〜191万2900円
・スペーシア 車いす移動車(消費税非課税):158万3000円〜175万4000円
・方位モニター付メモリーナビゲーション・スズキコネクト対応通信機:スペーシア用22万円、スペーシア カスタム/スペーシア ギア用21万7800円

(塚田勝弘)