■100kmあたりの”移動コスト”は、夜間電力契約なら230円!

●乗り心地は上々、日本車の水準を明らかに凌ぐ

レクサスNX450h+
レクサスNX450h+のフロントビュー

新型レクサスNXは「電気自動車」として使えるPHVを選ぶこともできる。基本骨格からすれば、RAV4 PHVと同じだと考えていい。電池搭載量18.1kWhで、満充電しておくことにより70〜80kmを電気だけで走れます。1日あたりの移動量が少なければ、電気自動車と言って良いほど。ガソリンスタンドに行かずに済むから便利。

レクサスNX450h+
レクサスNX450h+のリヤビュー

何より電気自動車モードになっていると静か&滑らか。ストップ&ゴーの多い街中などは、12気筒エンジンを積んでいる高級車より快適。ハイブリッド車に乗ったことのある人なら御存知の通り、無音で走り出した後エンジン掛かると「そのまんまモーターで走ってくれたらいいのに!」と思う。PHVならずっとモーターです。

前述の通り基本はRAV4 PHVなのだけれど、乗ると雰囲気がずいぶん違う。おそらくボンネットキャッチャーを中央の1ヵ所から左右2ヵ所にしたためだと思う(通常エンジンの新型NXの試乗レポートで紹介したのでご参照に)。サスペンションの取り付け部剛性も高めているためか、乗り心地は上々。日本車の水準を明らかに凌ぐ。

レクサスNX450h+ レクサスNX450h+ レクサスNX450h+

快適で環境にやさしいだけでなく、走っても凄い! なんせフル加速すべくアクセル全開すると、185馬力エンジン+前後のモーター合わせて309馬力を引き出す。参考までに書いておくと、前輪モーター182馬力で後輪モーター54馬力。全部足すと421馬力になるが、そこは電動化パワーユニットの妙。だからこそ「システム出力」です。

絶対的な加速力は0〜100km/h加速で6秒程度。これ、5リッター級NAエンジンを搭載したクルマと同等である。だから数字が「450」なのだった。これだけ速いクルマでいながら、電気自動車モードの走行100kmあたりの”移動コスト”は、夜間電力契約なら230円ほど。ハイブリッドモードになると同じく1000円くらいで走れる。

レクサスNX450h+
レクサスNX450h+のエンジン

リッター10km/Lの5リッターエンジンだと同1600円。快適で速くて環境にやさしいのだから文句なし。何もガマンしなくていい。こういったパワーユニットが新しい時代のプレミアムになっていく。ちなみに輸入車にもPHVは存在するが、個人的にリスキーだと思っている。電動化部品が壊れると極めて高額な修理代が掛かるからだ。

●輸入車ではバッテリー交換費用が200万円を超えることも

インバーターやリチウムイオン電池といった電動化パーツ、極めて高価。NX PHEVの半分程度(8kWh)のリチウム電池すら、保証期間を過ぎて壊れたら、輸入車だと200万円を軽く超える交換費用が掛かる。私の2017年式BMW330eもインバーターが壊れたのだけれど、7桁の修理費用が掛かった(保証期間内だったのでセーフ)。

輸入車を10年以上乗ろうとすれば、少なからぬ確率でトラブルが出ることを覚悟しなくちゃならない。トラブルが出る可能性ある車種は、当然ながら中古車相場だって下がるため、リセールバリューも安くなる。信頼性の定評ある日本車であれば、安心して乗れるだろう。といった点で、輸入車のような上質感を持っているNX PHVは興味深い。

レクサスNX450h+ レクサスNX450h+ レクサスNX450h+

●近所の移動ならEVとして使えるのもPHVの魅力!

そうそう。PHVの使い勝手を大きく向上させるアイテムも世界で初めて採用された。PHVは近所までの移動なら電気自動車として使えるけれど、100kmを超えたら必ずハイブリッドモードになる。その際、エンジンを掛けて走るのは、できれば高速道路など高負荷運転時にしたい。高負荷運転時であれば、電気よりエンジンの方が効率良いですから。

レクサスNX450h+
レクサスNX450h+の給電部

具体的に書くと、ナビで200km先の目的地を入れたとする。普通なら自宅を出て電池自動車として70〜80km走り、そこからハイブリッドモードになる。されどNX PHVは自宅から高速道路まで30km。高速道路130km走って目的地まで一般道が40kmだったら、基本的に一般道だけ電気で走るという。素晴らしい!

レクサスNX450h+
レクサスNX450h+エンブレム

また、途中に渋滞区間あると、高速走行区間は電池を使わない。渋滞で電気自動車モードに切り替える。これ、私がアウトランダーPHEVに乗っている時に使ったテクニックそのもの。速度域が低いところは効率よくて滑らかな電気自動車。速度域が高いとエンジン掛かっていても気にならないハイブリッドモードが効率良い。

国沢光宏
国沢光宏

新型NXからレクサスは変わり始めたと思う。今まで輸入車にしか興味なかった人も、一度試乗してみて欲しい。「なかなかいいね!」と思うんじゃなかろうか。

(文:国沢 光宏/写真:前田 惠介)

NX450h+ version L レクサスNX450h+ version L レクサスNX450h+ version L レクサスNX450h+ レクサスNX450h+ レクサスNX450h+ version L レクサスNX450h+ version L レクサスNX450h+ version L レクサスNX450h+ version L レクサスNX450h+ version L レクサスNX450h+ version L レクサスNX450h+ version L レクサスNX450h+ version L レクサスNX450h+ version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L レクサスNX350h version L