■縦型の大型キドニーグリルと、すっきりしたサイドビューを備える

2022年7月1日(金)、新型BMW7シリーズが発売されました。デリバリー開始は2022年の第4四半期が予定されています。

BMWの最上級セダンである7シリーズは、1977年に初代が登場し、新型で7代目を数えます。

BMW7シリーズ
日本でも発売が開始された新型BMW7シリーズ

デザインでアイキャッチになるのが、縦型の大型キドニーグリル。両サイドには、環状のシグネチャーを2回繰り返す「ツイン・サーキュラー」を進化させたスワロフスキー製のクリスタルヘッドライトが配置されています。夜間はキドニーグリルの縁を点灯させ、圧倒的な存在感を放つそう。

BMW7シリーズ
大型キドニーグリルが目を惹く

新型は全仕様がロングホイールベース仕様になり、サイドビューは、優雅で伸びやかな印象を受けます。ドアハンドルをドアパネルに内蔵することで、空気抵抗を低減させながらすっきりとしたデザインにもなっています。

リヤビューでは、BMW伝統の水平基調とL字型リヤコンビネーションライト、ガソリン、ディーゼルエンジン搭載モデルはテールパイプをリヤバンパー内に収めることで、こちらもすっきりとした洗練された仕立てになっています。

BMW7シリーズ
新型7シリーズのリヤビュー

また、ボディカラーでは、BMW量産モデルで初となる2トーンカラーがオプションで選択できるのもトピックス。ボディのアッパーとロア部を色分けすることで、優雅で伸びやかなラインが強調され、繊細な「コーチライン」がラグジュアリー感をさらに引き上げています。

BMW7シリーズ
新型7シリーズのインパネ

一方のインテリアは先進的な空間になっています。12.3インチのメーターパネル、14.9インチのコントロールディスプレイを一体化。BMWらしくドライバーに向けて湾曲させることで、視認性を高めたカーブドディスプレイが最大の見どころになっています。

キャビンは、先代に比べて約40%ガラス面積が増したという「パノラマガラスサンルーフ」の標準装備により開放感も高められています。さらに、後席まで届くスカイルーフをオプション設定することで、さらに明るい空間にすることもできます。

BMW7シリーズ
2つのディスプレイが一体化されている

また、内臓のLEDにより、夜間には幻想的なキャビンを演出。左右のリヤドアにスマホを操作する感覚で、様々な設定が可能なタッチパネルも配置されていて、機能的で未来感あふれるリヤシートになっています。

新型は、スイング式ドアにも関わらず、すべてのドアを自動で開閉することができます。車外からも車内からも全自動で開閉ができます。乗降スペースが狭くても安心。センサーの内臓により、適切なドア開度を保持することもできるそうです。

BMW7シリーズ
全ドアが自動で開閉する

そのほか、オプションの「エグゼクティブラウンドシート」を装備すると、リヤシートの居住性を格段に向上させることが可能。下肢部クッションが座面と一体となった「究極のリラックスシート」を標榜していて、リヤシートのリクライニング角度は42度を実現。頭上の「BMWシアタースクリーン」とあいまって、快適なドライブを堪能できそうです。

●3.0L直列6気筒のガソリン、ディーゼル車に加えて、約600km走行できるバッテリーEVも設定

新型7シリーズのパワーユニットは、バッテリーEVのBMW i7も設定されるのをはじめ、3.0Lの直列6気筒ガソリンターボ、同じく3.0Lの直列6気筒ディーゼルターボがラインナップされます。なお、ガソリン、ディーゼルエンジンともに48Vマイルドハイブリッドが搭載されています。

BMW7シリーズ
新型7シリーズの走行シーン

「BMW i7 xDrive60」は、最高出力258PS(190kW)を発生するモーターが前輪に、最高出力313PS(230kW)を発生するモーターが後輪に配置される4輪駆動モデル。

システムトータルの最高出力は544PS(400kW)、最大トルクは745Nmに達します。0-100km/h加速は、わずか4.7秒でクリアします。床下に搭載されているリチウムイオン電池の総エネルギー量は101.7kWhで、一充電での走行可能距離は約600kmとアナウンスされています(以上の数値は、欧州仕様値)。

BMW7シリーズ
新型7シリーズのリヤシート

充電関連では最新の充電技術が採用されています。普通充電と急速充電(CHAdeMO)に対応。前者は、自宅で6.4kWの「BMWウォールボックス(200V/32A)」を使うと、約17時間で充電開始時0%から100%まで充電することができます。

急速充電(CHAdeMO)では、現在主流になっている90kW充電器を使うと、約60分間で充電開始時0%の状態から約80%までの充電が完了。10分間の急速充電で、最大約80km程度、航続可能距離を伸ばすことができます。

さらに、BMWの店舗に設置予定などの150kWの急速充電器を利用すると、約50分間で充電開始時0%の状態から約80%までの充電が完了。10分間の急速充電でも最大約130km程度、航続可能距離を延ばすことができます。

BMW7シリーズ
リヤドアの両側にもディスプレイを配置する

そのほか、ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能を含めた最新鋭の先進安全装備はもちろん、「OK, BMW」と話しかけるだけで音声で操作できるコネクティビティ、「BMWコネクテッドドライブ」などが用意されています。

●価格
・クリーンディーゼル(マイルドハイブリッド)搭載車
「BMW 740d xDrive Excellence」:1460万円
「BMW 740d xDrive M Sport」:1460万円
・ガソリンエンジン(マイルドハイブリッド)搭載車
「BMW 740i Excellence」:1490万円
「BMW 740i M Sport」:1490万円
・EV
「BMW i7 xDrive60 Excellence」:1670万円
「BMW i7 xDrive60 M Sport」:1670万円

(塚田 勝弘)