「アクセラ」改め「Mazda3」。社名入りのネーミングに変更した理由とは?

「アクセラ」改め「Mazda3」。社名入りのネーミングに変更した理由とは?

MAZDAが5月24日、新世代商品第1弾「MAZDA3」の販売を開始しました。

「日常が鮮やかに輝くパーソナルカー」をコンセプトに、デザイン、走行性能、静粛性、質感などに磨きをかけており、セダン&ハッチバックの2タイプ構成でガソリン(1.5L/2.0L)&ディーゼル(1.8L)など、燃費や走行性能を高めた計4種類の新型エンジンを搭載。

そしてトピックスとして、今回から国内向けの車名「アクセラ」から車名を「MAZDA3(マツダ・スリー)」に変更。

そこには「社名を冠した名前に統一することでブランドイメージを高めたい」とする丸本社長の狙いがあるようです。

同車は累計600万台超の販売実績を持つ最量販車種だけに、同社における期待は大きいようで、電動化技術により燃費を最大で30%改善する「スカイアクティブX」エンジン搭載車についても10月に発売するようです。

2003年に発売した「MAZDA3」の全面改良は今回で3回目となり、デザインを一新、運転支援機能を拡充すると共に事故等の緊急時にコールセンターと通話できる通信機能を新たに備えています。

2,000台/月の販売を目指すそうで、今回の「アクセラ」→「MAZDA3」に続き、「デミオ」→「MAZDA2」や、「アテンザ」→「MAZDA6」等のネーミング変更の可能性についても注目されます。

(Avanti Yasunori)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索