ランチア伝説の「ストラトス・ゼロ」が蘇る!? 現代版を大予想

ランチア伝説の「ストラトス・ゼロ」が蘇る!? 現代版を大予想

■70年代に名を馳せたあの名車を現代風にアレンジ!

ラリーカーとして名を馳せたランチア「ストラトス」。その始祖ともいえる、1970年のトリノ・モーターショーで初公開された「ストラトス・HFゼロ」の現代版を予想したCGが公開されています。

ランチア ストラトス現代版
ランチア ストラトス ゼロ 現代版 予想CG

制作したデザイナーのShane Baxley氏と早速コンタクトを取り、画像を入手しました。

ランチア ストラトス外観_002
ランチア ストラトス ゼロ

ストラトス・ゼロは、「ストラトス」の名を冠した最初のコンセプトモデルです。

シャーシをランチア「フルヴィア クーペ」から流用し、最高出力115hpを発揮するミッドシップモデルとしてデビューしました。その後「プロティーポ」、1974年には「ストラダーレ」と進化していきます。最も特徴的なのはドアで、ゼロではサイドではなく、フロントガラスを開閉して乗降するという斬新なデザインとされています。

ランチア ストラトス外観_001
ランチア ストラトス ゼロ

現代版「ストラトス・ゼロ」では、フロントガラスドアを継承し、ランボルギーニを彷彿させる地を這うようなワイドなボディスタイルが見てとれます。

ランチアは、「MAT」(マニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ)の手により「ニュー・ストラトス」復活を計画、フェラーリ「430スクーデリア」をベースとして2019年3月のジュネーブモーターショーにて初公開しています。

この勢いに乗り、2020年には「ストラトス・ゼロ」がコンセプトモデルとして見られるかもしれません。

(APOLLO)


関連記事

自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る