■通常のカタログモデルのようにボディカラーやシートが選べる限定車

2017年に日本に導入されたBMW5シリーズは7代目を数えます。2019年12月6日、BMW M社によるV型8気筒エンジンが搭載され、シリーズの中で最も高い走行性能を誇る「BMW M550i xDrive Ultimate Edition(アルティメット・エディション)」が55台限定で発売されました。

BMW 5シリーズ xDrive アルティメット エディション
5シリーズ最速を誇るBMW M550i xDrive Ultimate Editionの走り

「BMW M550i xDrive」は、5シリーズの中でも最も高い走行性能を発揮するモデルで、V型8気筒ツインターボエンジンの搭載により最高出力531PS(390kW)/5,500-6,000rpm・最大トルク750Nm/1,800rpm-4,600rpmを発揮し、0-100km/h加速は4.0秒でクリア。

さらに、BMWのインテリジェント4輪駆動システム「BMW xDrive」により、多様な路面状況においてトルクを効率よく路面へ伝達し、安定した走行を実現するとしています。

■最新の安全装備も完備

「BMW M550i xDrive Ultimate Edition」のデザインは精悍な仕立てになっていて、よりスポーティな個性を際立たせるべく、キドニーグリルやミラーキャップに「Mパフォーマンスモデル」専用色の「セリウムグレー」を採用。

さらに他の5シリーズのラインアップにはない「BMWレーザーライト」、20インチの専用アルミホイール、専用ステッチが施された「Mシートベルト」、「Ultimate Edition」と刻まれた専用バッヂが用意されています。また「セリウムグレー」と調和して、より存在感を増すボディカラーである「カーボンブラック」を特別色としてラインアップ。

BMW 5シリーズ xDrive アルティメット エディション
BMW M550i xDrive Ultimate Editionのリヤビュー

先進安全装備も充実しています。前車追従機能であるアダプティブクルーズコントロール(ACC)や、車線からのはみ出し防止をサポートする「ステアリング&レーンコントロールアシスト」、真上からの視点をディスプレイに映し出すことで駐車をアシストする「トップビュー&サイドビューカメラ」などを標準装備。さらに、最新のデジタルメーターパネルを備えたコックピットを採用することで、より利便性を向上させています。

BMW 5シリーズ xDrive アルティメット エディション
20インチの専用アルミホイールを装備

通常は仕様が固定されていることが多い限定モデルの中でも、この「Ultimate Edition」は、ボディカラーやシート仕様などを通常モデルと同様にカスタマイズできるのも特徴で、好みの仕様に仕立てることができます。

そのほか、BMWコネクテッド・ドライブを標準装備し、車載通信モジュールによりドライバー、クルマ、そして取り巻く情報をITネットワークで繋ぐことで、安全性の向上や多彩な情報を入手したり、スマホ向けアプリ「BMW Connected」に対応したりと、最新のコネクティビティも用意されています。

BMW 5シリーズ xDrive アルティメット エディション
BMWレーザーライトも特別装備する

サイズは、全長4,962×全幅1,868×全高1,467mmで、ホイールベース2,975mm。車両重量は1,810kg。V型8気筒ガソリン・エンジンの排気量は4,395ccで、最高出力531PS(390kW)/5,500-6,000rpm、最大トルク750Nm/1,800rpm-4,600rpmを発揮。「BMW M550i xDrive Ultimate Edition」の価格は、13,190,000円です。

(塚田勝弘)