●東名高速上り最後のドッグランはビジネスドライバー御用達のPAに設置

2匹のワンちゃんと暮らすライターが足を運んで、日本全国にある高速道路のSAに併設しているドッグランを紹介します!

今回は東京に最も近いドッグランのある東名高速道路、鮎沢PA(上り)です。隣にある足柄SAから近く、しかもパーキングエリアということもあり、ショップやレストランなどの施設はサービスエリアと比べるとシンプルです。

ドッグラン2
シャワーなどビジネスドライバー向けの施設が充実

鮎沢パーキングエリアは駐車場が広く、道路が混雑しているときなども立ち寄りやすいスポットといえます。

また、大規模施設で人気が高い足柄SAと海老名SAの間に位置するため、トラックなどプロドライバーが多く利用するパーキングエリアとして知られています。そのせいか、食堂のメニューが充実していて、地元のお肉を使った「溶かし味噌ラーメン」や、ご飯とお味噌汁が食べ放題の定食も評判です。

規模の大きなサービスエリアのドッグランはあちこちありますが、パーキングエリアにあるドッグランは珍しいです。

ドッグラン3
建物の前にはドッグランの看板を設置し誘導している

ドッグランは本線から入ってすぐ右手にあるため、入口近くに停車すると近くて便利。広々とした緑地の中にドッグランがあります。通常の芝生で広さは590㎡と大規模なので、大型犬も充分に遊べます。

ドッグラン4
春ならばドッグラン周辺は桜が満開となる
ドッグラン5
簡易的な水道のみが設置され、シャワーなどはない

場内にベンチはありますがアジリティはなく、最低限のシンプルなつくりといった感じ。シャワーはなく、簡易的な手洗い場が設置されています。

ドッグラン6
ワンちゃん用のウンチボックスは設置されている
ドッグラン7
ドッグランの内側に大きなゴミ箱が設置されているのは珍しい

もちろんウンチボックスも設置。他のサービスエリアにはないゴミ箱も。鮎沢PA(上り)のドッグランは、他のサービスエリアのドッグランに比べると、簡素的な感じがしますが、木々に囲まれ自然の中で遊べる開放感があります。

また天気がいい日には富士山が眺められ、春は満開に咲き誇る桜を鑑賞でき、ワンちゃんと一緒に景色や四季を体感することができます。人工芝のドッグランが多い中、リアル芝生のドッグランは貴重かもしれません。

ドッグラン8
人口芝が多い中、天然芝のドッグランは貴重

施設内は、ドッグランだけでなくひと休みするのに程よい広さの緑地もあります。テラス席やベンチなど、ワンちゃんと過ごせるスポットが点々と設置されているため、他のワンちゃんや人混みが苦手なワンちゃんにもオススメです!

(文:高市智子/写真:萩原文博)