■やっと開催されるラリージャパンへ向け、準備は整いつつあり!

●FIA WRC第13戦「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」は2022年11月13日(木)〜15日(日)愛知/岐阜で開催!

1Month to go! RALLY JAPAN!
1Month to go! RALLY JAPAN!で披露された新井選手と勝田選手によるデモラン

2020年、2021年と、コロナウイルスによる影響から2年連続で開催が中止となっていたFIA WRC第13戦「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」は、2022年11月13日(木)〜15日(日)愛知/岐阜で開催されます。

10年ほど前は北海道で行われたWRCラリージャパンが、トヨタのお膝下でもある日本の真ん中、中部地方で行われるというのは観客のアクセスも含め、喜ばしい限り!

そんな一大イベントを盛り上げるべく、10月1日(土)〜2日(日)、事前PRイベント『1Month to go! RALLY JAPAN!(ワンマンストゥーゴー!ラリージャパン!)』が開催されました。

1Month to go! RALLY JAPAN!
愛知県庁前特設会場で行われた1Month to go! RALLY JAPAN!

場所はなんと、愛知県名古屋市の愛知県庁前特設会場。多くの人々で盛り上がりました。

1Month to go! RALLY JAPAN!
古屋圭司・衆議院議員(自由民主党モータースポーツ振興議員連盟会長)による開会宣言

ご自身もラリー競技を楽しんでいるというモータースポーツ愛好家の古屋圭司・衆議院議員(自由民主党モータースポーツ振興議員連盟会長)のイベント開会宣言の後、メディア向けにいくつかの追加発表が行われました。

その発表会では、観戦チケットを購入できなかったファンにもラリージャパンを楽しんでもらえるよう、愛知・岐阜県内にパブリックビューイング会場を設定(名古屋や豊田、岡崎、設楽および岐阜県恵那市内など10ヵ所以上)することや、ラリージャパンを盛り上げるスペシャル応援団に、勝田範彦選手、東海地方のテレビ局アナウンサー5名、また地元名古屋出身のアーティスト「ソナーポケット」が新たに就任することなどが発表されました。

1Month to go! RALLY JAPAN!
新井敏弘選手と勝田範彦選手によるドライバートークショー

ご存じのように、勝田範彦選手は現在、日本人で唯一WRCにフル参戦している勝田貴元選手のお父様。心強い応援団がさらに盛り上がってきました!

●参加無料イベントは、デモランや豪華なゲストによるトークショーも

このイベントは入場無料。多くのファンはもちろん、ラリーを知らない家族連れも多数来場し、歴史ある県庁の広場で行なわれたスペシャルライブやドライバートークショー、開催市町やラリージャパン公式グッズ販売の出展ブースなどで楽しい一日を過ごしました。

1Month to go! RALLY JAPAN!
勝田選手×トヨタ・ヤリスWRC

県庁前の公道では、日本を代表するラリースト、新井敏弘選手や勝田範彦選手によるWRカーのデモランも行われました。

1Month to go! RALLY JAPAN!
新井選手×1998年スバル・インプレッサWRC

勝田選手はトヨタ・ヤリスWRC、新井選手は1998年のスバル・インプレッサWRC。その迫力ある走りに、訪れた多くのファンは大興奮!

また、往年のトヨタ・セリカやフォード・エスコート、ランチア・デルタ、日産バイオレットなどのクラシカルなラリーカーによるパレードランも実施されました。

1Month to go! RALLY JAPAN!
ラリージャパングッズも大好評!

「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」は、いよいよ開幕します!

(永光 やすの/画像:SAN-EI)

1Month to go! RALLY JAPAN! 1Month to go! RALLY JAPAN! 1Month to go! RALLY JAPAN! 1Month to go! RALLY JAPAN! 1Month to go! RALLY JAPAN! 1Month to go! RALLY JAPAN! 1Month to go! RALLY JAPAN! 1Month to go! RALLY JAPAN! 1Month to go! RALLY JAPAN!