テスラCEOが米国のインフレはすでにピークを過ぎたと予測している。

8月5日に開催されたテスラの2022年株主総会で、イーロン・マスク氏は、来るべき米国の景気後退は「軽度から中程度」で済むと予測した。

「トレンドは下降」=マスク氏
最近、保有する15億ドルのBTCをほぼすべて売却したテスラは、まさにリスク資産が繁栄するような経済状況の出現を目の当たりにしている。

年次総会の質疑応答でマスク氏は、テスラの部品の6カ月物コモディティ価格はすでに高くなるどころか、安くなっていることを明らかにした。

コモディティは下落傾向にあり、インフレがすでに最高レベルに達していることを示唆しているという。

「私たちは、時間の経過とともに価格がどこに向かうかをある程度洞察しており、今見ている興味深いことは、私たちの商品のほとんど、テスラに入るもののほとんど、すべてではないが、半分以上の価格は、今から6ヶ月後には下がる傾向にある」と語った。

「これは変わる可能性があるが、トレンドは下がっており、インフレのピークを過ぎたことを示唆している。」

コモディティが下り坂に向かうインフレ期からの回復は、仮想通貨を含むリスク資産の回復のための肥沃な土壌を提供する。理論的には、これは、米国連邦準備制度理事会(FRB)による引き締めの結果としてもたらされ、リスクオン投資のための有利な条件となる。

市場に強さが戻り、仮想通貨がアウトパフォームする場合、先月、実質的にすべてのBTCエクスポージャーを売却したテスラにとって、その流れは皮肉なものになる。

当時、マスク氏は、BTCは後日、同社のバランスシートに戻る可能性があり、この決定はビットコイン自体に対するコメントではないと付け加えた。

一方、株主総会では、米国の景気後退の可能性は「比較的穏やか」であり、約18カ月続くなど、マクロ面でさらに楽観的な予測が出された。また、インフレ率は「急速に低下する」と、マスク氏は付け加えた。

2022年後半に上昇
ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズは今週、歴史的にFRBが主要金利引き上げによる引き締めを停止する半年前に市場は底を見つけると指摘した。

そのため、2022年後半にはS&P500が4800ポイントまで上昇する可能性があり、依然として株式全般の動きと相関性が高い仮想通貨市場にとって好材料となると同社は予測している。

コインテレグラフが報じたように、ビットコインの上昇の可能性について、今週、世界最大の資産運用会社からさらなる洞察がもたらされた。9兆ドル以上の資産を持つブラックロックは、米仮想通貨取引所コインベースと提携し、顧客に仮想通貨のエクスポージャーを提供することになった。