第4回 にほんくらし籠展 〈COSMIC WONDER〉が見つけた、日本のすばらしい手仕事

第4回 にほんくらし籠展 〈COSMIC WONDER〉が見つけた、日本のすばらしい手仕事

大葛藤 盛籠 鹿児島県

なかなか手に入らない希少な籠が手に入る機会に

2019年5月11日(土)〜5月19日(日)、東京・南青山の〈Center for COSMIC WONDER〉に、日本各地の名工の手による籠が集まります。

〈にほんくらし籠展〉は、今年で4度目。本展では、なかなか手に入らない希少な籠を含む日本の籠を展示販売するため、初日は列ができるほど。職人さんの数が減っている今、ひとつひとつ編まれた籠には、その土地の風土と暮らしの中で培われた、言葉にできない魅力がつまっているのでしょう。今年のラインナップは、次の通り。

沢胡桃 大きな角籠、書類籠(秋田県) 山葡萄 手提げ籠、旅行鞄(秋田県) すず竹や山桜樹皮等 げし笊(宮城県) 上溝桜 めっかい(新潟県) 欅と山葡萄 手提げ籠(新潟県) 山胡桃 手提げ籠(新潟県) 真竹 ふご、草摘み籠、琵琶籠(千葉県) 女竹 背負子(千葉県) 根曲竹 野菜籠、手提げ籠(長野県) 淡竹 たらし、買物籠(長崎県) きん竹や山桜樹皮等 大箕(鹿児島県) 蓬莱竹 ばーき、布ばーらー、銭でぃーる(沖縄県) 藤蔓擬 までぃる(沖縄県) 月桃 肩掛け籠、茣蓙、枕(沖縄県) 久場葉 うぶる、肩掛け籠(沖縄県) など

沢胡桃 手提籠、沢胡桃 花器 秋田県

沢胡桃 手提籠、沢胡桃 花器 秋田県

注目すべきは、本展に並ぶ籠のほとんどが、今回の展示のためにつくられたものだということ。

「わたしたちは、その手道具の楚々とした、質朴な表情に惹きつけられます。 人の手業でつくられるそれは、自然と人との関わりから生まれた里山での生業です。 そのあり方から表れる昭然たる美しさに源流の心象を重ねあわせます。 本展に際し、コズミックワンダー・日光土心の前田尚謙が日本列島の秋田から沖縄を訪ね、くらしの手道具として籠づくりをされる職人の方々に、さまざまな用途の籠を制作していただきました」(コズミックワンダー)

籠の制作を依頼するのは、実際に集落を訪れ、見事な仕事をする職人さんに出会えた時のみ。それでも、その職人さんが籠を仕上げるタイミングや体調などの都合から、その年の展覧会に間に合うとは限りません。そんな時は、じっとベストな時期を待つことも。希少な手仕事を紹介するとは、惚れ込んだ職人さんと長いおつき合いをしていくということでもあるんですね。今年揃った素晴らしい手仕事に会いに、ぜひ出かけてみてください。

information

第4回 にほんくらし籠展

開催日:2019年5月11日(土)〜5月19日(日)

時間:11:00〜19:00

定休日:会期中無休

会場:Center for COSMIC WONDER 東京都港区南青山5-18-10

電話:03-5774-6866

アクセス:東京メトロ各線「表参道」駅 徒歩10分

Web:http://www.cosmicwonder.com/ja/center/

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

コロカルの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索