ハリー・ポッター役:藤原竜也 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

ハリー・ポッター役:石丸幹二 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

ハリー・ポッター役:向井理 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

2022年7月8日(金)に開幕した舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』東京公演。
初日よりハリー・ポッター役を務める藤原竜也に続き、8月17日(水)に石丸幹二が、
8月18日(木)に向井 理がデビューを果たし、トリプルキャストを務める
3人のハリー・ポッターが勢揃い。それを記念し、3人のハリー・ポッターの
舞台写真が公式Webサイトならびに公式SNS等で公開されました。

(左から)ハリー・ポッター役:藤原竜也 、アルバス・ポッター役:福山康平 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

(左から)ハリー・ポッター役:石丸幹二、アルバス・ポッター役:藤田悠 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

(左から)ハリー・ポッター役:向井理、アルバス・ポッター役:藤田悠 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』は、小説「ハリー・ポッター」シリーズの作者であるJ.K.ローリングが、
ジョン・ティファニー、ジャック・ソーンと共に舞台のために書き下ろした
「ハリー・ポッター」シリーズ8作目の物語。小説の最終巻から19年後、
父親としてのあり方に悩む37歳のハリー・ポッターとその息子・アルバスの対峙を軸に、
過去と現在を行き来する形で描かれた物語は、誰もが楽しめるストーリーであり、
2016年のイギリス・ロンドンでの初演以降、世界中で多くの観客を魅了してきました。
さらに、舞台ならではの魅力である、観客自身が「ハリー・ポッター」の物語の世界に入り込み、
目の前で魔法を“体感”できるような、他の作品では類をみない演出に高い評価が集まっており、
東京公演開幕以降、舞台をご覧いただいたお客様から「本当に魔法を見ているよう」
「これまで見たことがないようなすごい演出」「完全に魔法の世界に入り込めた」といった声がSNS等に連日投稿されています。

【2022年7月8日開幕】舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』TBS赤坂ACTシアターにて日本オリジナルキャストでついに上演! - YouTube

【キャストコメント】

ハリー・ポッター役:石丸幹二
「初日を無事に終え、長い航海の最初の寄港地にたどり着いたような、ほっとした気持ちでいます。
これからのロングラン、エネルギーを蓄えスタミナをつけ乗り切っていきます。
キャスト・スタッフが一丸となって操る魔法の世界、
その中で、ハリーとアルバス親子の成長物語が紡がれていきます。
私らしい個性が刻まれたハリー・ポッターを、どうぞお楽しみください。」

ハリー・ポッター:向井理
「4か月間稽古をしてやっと初日を迎えたという思いと、もう本番が来たか!という思いが入り混じっています。
カンパニーの良い雰囲気に後押しされて自分も舞台に立てているので、この雰囲気を大切にしたいと思っています。
この作品はイリュージョンだけでなく、ハリー・ポッターの成長も見どころです。大人になっても
困難なことや上手くいかないことがありますが、少しでも改善しようと努力するハリーの姿を見届けていただきたいです。
長く愛される舞台になると期待していますが、その中でアップデートされたり、
観劇する席によって全然違う印象を受けると思うので、何度も劇場で楽しんでいただければ幸いです。」

【3人のデビューを迎え、演出補デス・ケネディのコメントを公開】

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』の東京公演は、初演のロンドンをはじめとした、
先行する世界6都市の公演に携わってきた世界最高峰のクリエイティブスタッフが来日し制作されています。
厳しいオーディションを勝ち抜き、3か月以上にわたる稽古を続けてきたキャストたちのデビューに寄せて
演出補(インターナショナル)のデス・ケネディがコメントを発表しました。

演出補:デス・ケネディ
「日本のカンパニーの皆さんがこの作品に心血を注いで取り組んでくださることに、とても刺激を受けています。
我々の到着前にしっかり準備していただいたおかげで、今までにないスピードで舞台稽古が進んできました。
今、空を飛び、地の底に潜り、水から出てくる、火を灯す・・・という、集中力と技術を要する
重要な場面をやっていますが、これが素晴らしい出来!日本のスタッフの的確さに感銘を受けています。

『ハリー・ポッターと呪いの子』はこれまで7都市でプロダクションがおり、それぞれのカンパニーの
特色を活かした独自性のある仕上がりになっています。この日本版も同じく、日本チームと海外チームが
一緒に発見しながら作っています。その点、日本の俳優の皆さんが際立っているのは、
心を注ぎ込んで作ってくださること。そのため、作品がとても深くなっています。
何世紀にもわたって受け継がれてきた日本の演劇文化を背景に、彼らの演技には
何層にもなった過去や深みが感じられます。スケールが大きく魔法に満ちた作品ですが、
あくまで核となるのは芝居です。そこに嘘なく繋がれる日本の俳優たち、
絶対に素晴らしいプロダクションになるとワクワクしています。

冒頭の場面は、時間が凍りついた駅から始まります。舞台の前面には
「INLUSTRET LUMINE(光を内にいれよ)」と書かれています。
この2年間、世界はコロナ禍という闇の中にあり、それぞれが孤立していました。
こうして演劇が本格的に再開したことで、私たちは集うことができる。
“人生にまた光が灯りますよ”と、この言葉が伝えている気がします。

新劇場は、どこに座っても目の前で起きているような感覚になれる親密さが魅力です。
ロビーに敷かれたカーペット、大きく飾られたバナーなどを見て、ホグワーツに
足を踏み入れる体験をお楽しみいただきたいです。そしてこの観劇をきっかけに、
この先もしばしば劇場に足を運んでいただけると幸いです。」

【ハリー・ポッターの世界観に寄せられる期待の声】

マクゴナガル校長役:榊原郁恵 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

マクゴナガル校長役:高橋ひとみ 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

(左から)スコーピウス・マルフォイ役:斉藤莉生、嘆きのマートル役:美山加恋、アルバス・ポッター役:福山康平 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

(左から)スコーピウス・マルフォイ役:門田宗大、アルバス・ポッター役:藤田悠 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

ベイン役:木場允視 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

(左から)ハリー・ポッター役:藤原竜也、ダンブルドア役:福井貴一 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

(左から)スコーピウス・マルフォイ役:斉藤莉生、ローズ・グレンジャー・ウィーズリー役:橋本菜摘、アルバス・ポッター役:福山康平 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

(左から)アルバス・ポッター役:福山康平、デルフィー役:岩田華怜 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

(左から)デルフィー役:宝意紗友莉、スコーピウス・マルフォイ役:門田宗大、アルバス・ポッター役:藤田悠 撮影:宮川舞子・渡部孝弘

このたび新たに公開する舞台写真は、榊原郁恵、高橋ひとみが演じるマクゴナガル校長や
美山加恋演じる嘆きのマートルなど「ハリー・ポッター」を代表するキャラクターが中心となっています。
観客からは「まさに目の前にハリー・ポッターの世界が広がっていた」「キャストを変えて2度・3度と観たい」
という声が多く寄せられており、何度観劇しても楽しめる作品となっています。

【9/7(水)藤原竜也密着 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」放送】

ハリー・ポッター役 藤原竜也が本作に挑む日々に密着。
<放送概要>
NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」
放送日時:9/7(水)19時57分〜20時52分

【あらすじ】

ハリー、ロン、ハーマイオニーが魔法界を救ってから19年後、
かつての暗闇の世を思わせる不穏な事件があいつぎ、人々を不安にさせていた。
魔法省で働くハリー・ポッターはいまや三人の子の父親。
今年ホグワーツ魔法魔術学校に入学する次男のアルバスは、英雄の家に生まれた自分の運命にあらがうよう
に、父親に反抗的な態度を取る。幼い頃に両親を亡くしたハリーは、父親としてうまくふるまえず、関係を修復で
きずにいた。
そんな中、アルバスは魔法学校の入学式に向かうホグワーツ特急の車内で、偶然一人の少年と出会う。
彼は、父ハリーと犬猿の仲であるドラコ・マルフォイの息子、スコーピウスだった!
二人の出会いが引き金となり、暗闇による支配が、加速していく・・・。

【舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
『本公演』
2022年7月8日(金)〜2023年5月31日(水)
※2023年6月以降も上演予定

<会場>
TBS赤坂ACTシアター

<公演時間>
約3時間40分(20分間の途中休憩を含む)

<料金>
SS席:17,000円
S席:15,000円
S席(6歳〜15歳):12,000円
A席:13,000円
B席:11,000円
C席:7,000円
9と4分の3番線シート:20,000円(特典付き)
ゴールデン・スニッチ チケット:5000円
全席指定・税込、プレビュー公演&本公演ともに同金額)
※未就学児入場不可
※ゴールデン・スニッチ チケットは前週に抽選販売。各公演枚数限定で座席はお選びいただけません。
※車椅子でご来場のお客様は、ご観劇日の1週間前までにホリプロチケットセンター
(03-3490-4949)までご連絡ください。車椅子スペースには限りがございますので、
空き状況を事前にホリプロチケットセンターにお問い合わせください。
なお、車椅子スペースをご利用の場合は、S席チケットをご購入ください。
※止むを得ない事情により、出演者並びにスケジュールが変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
※公演中止の場合を除き、払い戻し、他公演へのお振替はいたしかねます。ご了承のうえ、お申込みください。

『チケット発売』
2023年5月公演分までチケット好評発売中。
「2023年5月公演までのチケットの販売方法」
ホリプロステージ:https://harrypotter.horipro-stage.jp/
※購入には事前の会員登録(無料)が必要

「チケットに関する問合せ」
ホリプロチケットセンター:03-3490-4949(平日11:00〜18:00/定休日 土・日・祝)

<出演者>
ハリー・ポッター:藤原竜也/石丸幹二/向井理
ハーマイオニー・グレンジャー:中別府葵/早霧せいな
ロン・ウィーズリー:エハラマサヒロ/竪山隼太
ドラコ・マルフォイ:松田慎也/宮尾俊太郎
ジニー・ポッター:馬渕英里何/白羽ゆり
アルバス・ポッター:藤田悠/福山康平
スコーピウス・マルフォイ:門田宗大/斉藤莉生
嘆きのマートル:美山加恋
ローズ・グレンジャー・ウィーズリー:橋本菜摘
デルフィー:宝意紗友莉/岩田華怜
組分け帽子:木場允視
エイモス・ディゴリー:福井貴一
マクゴナガル校長:榊原郁恵/高橋ひとみ

安藤美桜
安楽信顕
千葉一磨
半澤友美
川辺邦弘
小松季輝
前東美菜子
みさほ
扇けい
尾尻征大
岡部雄馬
織詠
大竹尚
大内慶子
佐竹桃華
佐藤雄大
篠原正志
鈴木翔吾
田口遼
田中彩乃
手打隆盛
上野聖太
渡邉聖斗
薬丸夏子
横山千穂

ルード・バグマンの声:吉田鋼太郎

※名前の表記はアルファベット順
※ハリー・ポッター役の藤原竜也は、 2022年9月末までの出演です

<STAFF>
オリジナルストーリー:J.K.ローリング
脚本・オリジナルストーリー:ジャック・ソーン
演出・オリジナルストーリー:ジョン・ティファニー
振付・ステージング:スティーヴン・ホゲット
美術:クリスティーン・ジョーンズ
衣裳:カトリーナ・リンゼイ
音楽&編曲:イモージェン・ヒープ
照明:ニール・オースティン
音響:ギャレス・フライ
イリュージョン&マジック:ジェイミー・ハリソン
音楽監督&編曲:マーティン・ロー
演出補(インターナショナル):コナー・ウィルソン
振付補(インターナショナル):ヌーノ・シルヴァ
動画デザイン:フィン・ロス
動画デザイン:アッシュ・ウッドワード
ヘア、 ウィッグ、 メーキャップ:キャロル・ハンコック
舞台美術責任者(インターナショナル):ブレット・J・バナキス
衣裳アソシエイト(インターナショナル):サビーヌ・ルメットル
照明アソシエイト(インターナショナル):ニック・ソリモン
音響アソシエイト(インターナショナル):ピート・マルキン
イリュージョン・魔法アソシエイト(インターナショナル):クリス・フィッシャー
テクニカル・ディレクター(インターナショナル):ガリー・ビーストン
プロダクション責任者(インターナショナル):サム・ハンター
エグゼクティブ・プロデューサー(インターナショナル):ダイアン・ベンジャミン
エグゼクティブ・プロデューサー(インターナショナル):パム・スキナー
製作統括(インターナショナル):ソニア・フリードマン・プロダクション(SFC)
マーケティング(グローバル):HPCCグループリミテッド
プロデューサー:ソニア・フリードマン
プロデューサー:コリン・カレンダー
プロデューサー:ハリー・ポッター・シアトリカル・プロダクション
翻訳:小田島恒志、小田島則子
主催:TBS/ホリプロ/The Ambassador Theatre Group
特別協賛:Sky株式会社
With thanks to TOHO In association with John Gore Organization