おにぎりを食べてやせる!?驚きのダイエット方法


最近のダイエットのトレンドは、高たんぱく・低糖質。体型が気になって、ご飯の量をセーブしている方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、今回ご紹介する本『ラクやせおにぎり: 21日間でOK!ストレスゼロ!血糖値コントロールでみるみるやせる!』(あさ出版)は「やせるためにおにぎりを食べましょう!」と提唱する、驚きのダイエット本です。

元プロボクサーが経験から考案


著者は元プロボクサーで、現在はダイエットトレーナーとして活躍する小澤幸治さんです。

プロボクサーは試合前の厳しい減量が不可欠。小澤さんは現役のプロボクサー時代に、一か月で10kgもの減量に、何度も成功しています。
また、引退後にも20年以上にわたりトレーニングや減量の指導をしてきた経験から、「おにぎりは世界一のダイエット食品だ!」という結論に至ったそうです。

「お米を食べたら太るのではなく、食べ方に原因がある」と小沢さんは考えています。
誤った食べ方をすると、血糖値の急上昇を招き、強い空腹感から甘いものが食べたくなるなどという悪循環が起こりやすくなります。これがダイエットの失敗に繋がってしまうのです。

本書では、栄養と健康の専門家の協力のもと、血糖値をコントロールできる太らない食べ方を身につける方法と、ラクやせのためのおにぎりレシピを紹介しています。

ラクやせおにぎりメソッド、4つのルール


本書のダイエット方法には、基本の4つのルールがあります。

1. 女性は1日おにぎり6個、男性は7個食べる

2. 1日最低4回以上に分けて、こまめに食べる

3. 21日間を目標に取り組む

4. ひとくち30回以上を目安に噛む

もっとも大切なのは、1日の摂取エネルギーから計算した、おにぎりの個数を守ること。
そして、一度に食べず小分けにして食べること、少量でも満腹感を得られるようよく噛むことも大切です。

また、新しい食習慣を身につけるため、習慣化する確率が高くなるといわれている21日間を目標に取り組むことがすすめられています。

PFCバランスを考えた、4つの基本食材


健康的なダイエットをするためには、PFCバランス(タンパク質・脂質・炭水化物のバランス)を考えた食材選びが大切になります。

本書では、おにぎりの具材として「筋肉の材料となるタンパク質含有量の高い食材」「良質な脂質を含む食材」のポイントを重視し、お米を含むおにぎりの基本食材を4つチョイスしています。

【ラクやせおにぎりの基本食材】

1. お米

2. 鮭

3. たらこ

4. サバ

サバは、保存が利いて食べやすいサバ缶でもOKです。
どれも、一般的なスーパーで購入できるオーソドックスな食材なのが嬉しいですね。

ラクやせおにぎりを作ってみよう!


ここからは、本書に掲載されている基本の3大ラクやせおにぎりのひとつ、「鮭ときゅうりのゆずこしょうおにぎり」のレシピをご紹介します。

鮭ときゅうりのゆずこしょうおにぎり
材料(おにぎり2個分)

ご飯…200g

甘塩鮭…1切れ

きゅうり…1本

塩…小さじ1/3

塩昆布…7g

ゆずこしょう…小さじ1/2

水…小さじ1

焼きのり…適宜

作り方

1.鮭は焼いて皮と骨をとり、粗くほぐす。

2.きゅうりはうす切りにして塩もみし、しんなりしたら水気を絞る。

3.ボウルにゆずこしょうと水を入れて溶き、ご飯を加えて混ぜる。

4.1と塩昆布を加えてさっくりと混ぜる。

5.ラップを広げ、4の半量を乗せて三角形に握り、同様にもう1つ作る。お好みでのりを巻いて完成。

ご飯はやや固めに炊き、ふんわり握るのがコツ。塩は天然塩がおすすめです。
鮭の赤ときゅうりの緑がきれいで、彩りゆたかなおにぎりですね!

なぜお米でやせられるのか?お米のダイエット効果について


では、なぜお米をしっかり食べてやせられるのでしょうか。実はお米には驚くべきダイエット効果がある、と本書では解説されています。

まず、お米(炭水化物)は、三大栄養素の中で、タンパク質と同様に脂肪になりにくい性質を持っています。

次に、お米を食べると血糖値が緩やかに上昇し、満腹感を長く保つことができます。ただし一気に食べるのは禁物なため、本書では、4回以上に分けてこまめに食べる事をすすめています。

またお米には、たくさんの水分と、食物繊維と似た働きをする難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)が含まれているので、便秘の解消も期待できるそう。

さらに、ダイエットを続けるうえで重要な「おいしさ」も、お米なら十分満たしています。
おいしく食べてやせたい!というダイエッターの夢が、おにぎりで叶うなんて嬉しいですね!

たくさんのレシピと情報で、ダイエットをサポート


本書では、基本&アレンジおにぎりのほか、おにぎりと一緒に食べたい副菜・スープなど、 レシピが多数紹介されています。

また後半には、21日間のダイエットプログラムが終了した後の食事や、リバウンドを防ぐ毎日の小さな習慣、日常生活の中で気軽に取り組めるエクササイズメニューなど、新しい食習慣とともに知っておきたい情報がぎっしり。

「食事でダイエット」というと、あれもこれも食べてはいけない!と、ルールに縛られて食事そのものがつまらなくなってしまいがち。
本書のダイエットメソッドは、今までダイエットで避けられがちだったおにぎりを、レシピや食べ方を駆使してダイエット食に変え、食事を楽しみながらやせられる、画期的な方法だと感じました。

著者の小澤さんから、ダイエット中のクックパッドニュース読者へ向けたメッセージをいただきましたので、ご紹介します。

「ダイエットに一番大切なことは、一時的に体重を落とすテクニック(糖質制限など)を身につけるのではなく、健康的な食習慣を身につけることが大切です。

『ラクやせおにぎり』は一見、おにぎりを使ったダイエットのテクニックと思われがちですが、実は健康的な食習慣に戻すための食事方法となっています。

体重を戻したい!健康的な食習慣を身につけたい!と思う方は是非チャレンジしてみてください。」(小澤さん)

今までダイエットに失敗して、リバウンドしてしまった経験がある方、料理に時間や手間をあまりかけられない方、ストレスなくダイエットがしたい方は、 ラクやせおにぎりダイエットを試してみてはいかがでしょうか?

(TEXT:菱路子)

『ラクやせおにぎり: 21日間でOK!ストレスゼロ!血糖値コントロールでみるみるやせる!』(あさ出版)

Dddbf6845944a7633fc123fae3763401

「即効性のあるダイエット法」として人気の糖質制限には、筋肉の低下、動脈硬化などさまざまな弊害が! 本書の「やせおにぎり」で血糖値をコントロールすれば、ストレスゼロでみるみるやせられる! 健康的に痩せたい人は必読の1冊。

>>ご購入はこちらから

小澤幸治(おざわ・こうじ)

0a3d36de61b351859ed53509def95e2f

ダイエットトレーナー。パーソナルボクシングダイエットプログラム BOXPRIME 代表(全国15店舗展開中)。

フィットネスボクシングジム2店舗経営(ボクシングガーデン・ヨコハマ、 BOXPLUS 保土ケ谷)。元プロボクシング日本ランカー。現役引退後、プロ ボクシングジムにてトレーナーとして活動し、女子世界チャンピオンを育成。 ボクシングトレーナーやスタジオインストラクターとして20年以上のキャリアを持ち、ダイエット専門のパーソナルトレーナーとしても活躍中。ボクシングと炭水化物を取り入れてやせる独自のダイエットプログラム(BOXPRIME) では、運動未経験の40代女性が2ヶ月でマイナス18kg の減量に成功するな ど 、 ダイエット成功者が続出している。現在は当プログラムを東京から鹿児島まで全国にフランチャイズ展開中。著書に『おむすびでやせる本』『米を21日間食べてやせる おむすびダイエット』(以上、自由国民社)などがある。