青空が映えるポップなジェラート屋さん♪横浜・海岸通「SORAiRO gelato」

青空が映えるポップなジェラート屋さん♪横浜・海岸通「SORAiRO gelato」

毎日その日の一番おいしい素材を使ってつくるジェラートが評判の「SORAiRO gelato(ソライロ ジェラート)」。日々刻々と姿を変えていく空の色のように季節の移ろいを素材に託して届けたいという思いから、新鮮なフルーツやナッツのフレーバが日替わりで登場します。開港広場のそばにある家族経営のフレンドリーなジェラテリアです。


横浜・日本大通り周辺は“キングの塔”と呼ばれる横浜県庁や“クイーンの塔”の横浜税関、築80年以上の教会など歴史ある建造物が立ち並びます。そんな街並みに最近はレトロな雰囲気のビルをリノベーションしたカフェやショップが増え、その一角の開港広場の近くに「SORAiRO gelato」があります。青空をイメージした水色の扉と大きなジェラートのモニュメントが目印です。

お店をきりもりするのは藤田絵梨香さん紗欧里さん姉妹。毎年イタリアのリゾート地・リミニで行われるジェラートの見本市で見識をひろめ、イタリアのエッセンスに日本の素材をうまく融合させた個性豊かなジェラートを仕立てます。
家族経営が基本のイタリアのジェラテリアに習い、仕込みから販売まですべて2人でこなします。

店の壁面にはさわやかな空が端から端までいっぱいに広がって、一歩踏み入れただけで気分が上がります。外にもベンチがあるので愛犬との散歩途中に立ち寄よることもできますよ。

毎朝その日の素材と相談しながら作るフレーバーは10種類。旬のフルーツを使うので四季を通してフレーバーが次々と変わるうえ、同じ季節でもその日の仕入れによってショーケースの中が毎日変わるのも興味がひかれますね。フルーツ以外でも濃厚な「チョコレート」や風味豊かな「ピスタチオ」、「オリーブオイル」「スパイシー・トフィー」「さくら餡」といったオリジナリティーの高いジェラートが続々と並びます。

取材に訪れた日は「ブドウ」や「和栗モンブラン」など秋らしいフレーバーが揃っていました。ブドウは近隣の農家から直接仕入れたものを使用し種以外は皮もすべて使い、本当にブドウを食べているかのように香りが口いっぱいに広がります。イチゴやメロン、リンゴ、タンカン、レモンなど様々な旬のフルーツを使うのでその香りで思いっきり季節感を楽しんで。
フレーバーはどのサイズも2種類選べます。

季節に関係なく遭遇率の高いのが「リッチミルク」と「はちみつ紅茶」。ミルクの甘味やはちみつの風味がまろやかでフルーツを使ったジェラートとはまた一味違う味が楽しめます。はちみつはイタリア産を使い「ハニーゴルゴンゾーラ」や「ハニークリームチーズ」も人気。お気に入りのフレーバーをぜひ見つけてください。

お店を出て大桟橋方面へ向かうと左手に象の鼻テラスがあり、そこからは赤レンガ倉庫やみなとみらい地区のビルがきれいに見えます。ジェラート片手に開放感のある港の景色をのんびりと楽しまれてはいかがでしょうか。


関連記事

おすすめ情報

ことりっぷの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る