全国各地のおいしい・かわいいおやつを紹介する「毎日おやつ」。おうちでのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みを使った逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は東京都の「フルーツポンチ」をご紹介します。

ガラス瓶にぎゅっと詰まった果実の甘さ「フルーツポンチ」

クリアなガラス瓶いっぱいにフルーツが詰まった見た目が特別感あふれる「フルーツポンチ」。

オレンジやキウイ、パイナップル、ぶどう、りんご、ライチなど、10種のフルーツがゴロンと大ぶりにカットされています。シンプルに果実そのものの甘酸っぱさと、シロップのすっきりした優しい甘みを一緒に味わうほか、余ったシロップをはそのまま飲んだり、炭酸で割ってもおいしいですよ。

アレンジしても美味しい、老舗洋菓子店のロングセラー

こちらの「フルーツポンチ」は、神田にある「近江屋洋菓子店」の店頭に並ぶロングセラー商品。毎朝、店主が自ら大田市場で買い付け、その時どきのフレッシュな果物を仕入れています。13時以降に店頭に並びますが、すぐに売れ切れてしまうほど人気です。

「近江屋洋菓子店」のコンセプトは、“リーズナブルだけれど、チープではない品”。「フルーツポンチ」にも、シーズンのその時にしか食べれない美味しさを食べてほしいとの思いが込められています。冷蔵庫にあると嬉しい、そんな一品です。