全国各地のおいしい・かわいいおやつを紹介する「毎日おやつ」。おうちでのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みを使った逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は東京都の「銀座若松 あんみつ」をご紹介します。

あんみつ発祥の店の味をテイクアウト「銀座若松 あんみつ」

今でこそ定番の甘味となっている「あんみつ」ですが、その発祥は昭和5年、銀座の中央通りにある甘味処「銀座若松」。今でも、店内で食べるほか、おみやげとして持ち帰ることもできる人気のメニューです。

プリプリのと歯ごたえのある寒天、ほのかな塩気の赤えんどうに、香りが良い黒蜜をかけて食べるとあっさりした甘さ。あんこの甘さは控えめで食べやすく、サクランボやミカン、桃色と若草色の求肥が彩りを加えてます。

砂糖が高級品だった昭和初期、甘党のお客さんの声から誕生

「銀座若松」は、明治27年に銀座で最初の汁粉屋として創業しました。常連さんの「もっと甘いものが食べたい」の声に応えるために2代目が考案したあんみつは、瞬く間に大ヒット。いまでも発祥当時から変わらない味を楽しめます。十勝産の小豆、富良野産の赤えんどう豆、伊豆三宅島産の寒天など、吟味した素材で丁寧に作りこんだ、こだわり尽くしの自信作です。

今では誰もが知っている庶民の味ですが、時代に思いを馳せながら「銀座若松」のあんみつを楽しんでみませんか。