蜂蜜は春から夏が旬の時期。京都のメインストリートのひとつ、三条通にある蜂蜜専門店「ミールミィ 三条本店」には、採れたての新蜜をはじめ、国内や世界中からセレクトした約100種の蜂蜜が並びます。お店の奥にはさまざまな蜂蜜を試せるカフェも併設。13種類の蜂蜜が食べ比べできるハニートーストや、ハニーフルーツサンデー、蜂蜜とフルーツだけで作るナチュラルドリンクがスタンバイ。6月からは自家製蜂蜜漬けのかき氷2種もお目見えしました。

アクセス便利な三条通沿い

地下鉄東西線・京都市役所前駅の1番出口から徒歩5分。老舗の文具店や喫茶店、ギャラリーなどが軒を連ねる寺町通を下がり、三条通へ。御幸町通、麩屋町通を越え、次の富小路通との交差地点南西角に建つのが、1939(昭和5)年創業の金市商店による蜂蜜専門店「ミールミィ 三条本店」です。

国内外の蜂蜜はすべて試食可能

「森のミールミィ」をイメージした店内は、蜂蜜の黄金色が引き立つようにと、グリーン、白、木目が基調。「ハニーハンター」こと3代目社長の市川拓三郎さんが、北海道から鹿児島までの国内各地や海外20か国に自ら足を運んで仕入れた蜂蜜は、これまでに260種ほど!そのなかから国産蜂蜜を中心にセレクトされた100種類以上が棚に並んでいるのです。すべて試食ができるので、好みに合った蜂蜜が見つけられそう。また、春から夏にかけては桜やリンゴ、みかん、百花蜜などの新蜜が採れるシーズン。フレッシュな蜂蜜にも出会えます。

今年も夏季限定のかき氷が登場

併設のカフェ「miel mie honey café」では、毎年心待ちにしている人も多いという自家製蜂蜜漬けのかき氷2種がお目見え。スペイン産レモン蜂蜜にレモンを漬け込んで作ったシロップをかける「ハニーレモン」と、ハンガリー産アカシア蜂蜜に新生姜を漬け込んだシロップをかける「ハニージンジャー」で、暑い季節にうれしい爽やかなかき氷です。テーブルごとに新蜜を含む8種の蜂蜜が置いてあるので、気ままに“追い蜂蜜”をするのも楽しそう。

13種類の蜂蜜×トーストのペアリングを楽しむ

カフェの定番メニューは、「13種類のはちみつ食べ比べ ミールミィの贅沢ハニートースト」。2階の工房で焼き上げる食パンは、蜂蜜と合わせるために開発したレシピによるもの。ひとつひとつ手作りするアーモンド製のキュートなミツバチや、巣蜜(コームハニー)、蜂蜜を引き立てるため甘さを控えめにしたソフトクリーム、なめらかなバターものった5cmもの極厚トーストです。蜂蜜は、テーブルに常備された季節替わりの8種のほか、トーストのためにセレクトされた5種も付くので、合わせて13種を試せるのが楽しいところ。花によって香りも味もハッとするほど異なり、蜂蜜の奥深い世界へと引き込まれていきます。

おみやげには希少な京都産蜂蜜を

棚には京都産の蜂蜜も。京都は養蜂家が少ないため、京都産の蜂蜜は希少なのだとか。上賀茂や大原、天橋立のある宮津の3つの地域で採れた蜂蜜が食べ比べできる「京都産食べ比べ蜂蜜セット」は新商品。それぞれの地域の特性を映した百花蜜が味わえます。

広報の市川睦美さんに蜂蜜を選ぶポイントを尋ねると、「たとえばヨーグルトなら、ヨーグルト自体に酸味があるので、濃厚でしっかり甘さのあるブルーベリー蜂蜜が合いますよ」と教えてくれました。香りや甘味、酸味をポイントにペアリングを考えるといいそう。自分好みの蜂蜜に出会えたら、毎日の食事やおやつタイムが心豊かに過ごせそうですね。