新宿へ徒歩約10分とアクセスも良好な代々木エリアの閑静な住宅街に2022年にオープンした「あずきとこおり」。ミシュランで2つ星を獲得している「フロリレージュ」で腕を磨いたパティシエが営むこちらでは、パティシエならではの技術や発想が盛り込まれた独創的なかき氷やフレンチトーストを楽しむことができます。味はもちろん、ビジュアルもすてきなスイーツに癒されに訪れませんか。

フレンチレストラン出身のパティシエが営むかき氷店です

小田急小田原線、南新宿駅より参宮橋駅方面に徒歩4分。賑わいのある代々木エリアから少し外れた位置に「あずきとこおり」はあります。2022年1月20日にオープンしたこちらは、外苑前にある人気フレンチレストラン「フロリレージュ」で約6年間パティシエとして活躍していた堀尾美穂さんによる、独創的なかき氷やフレンチトーストが味わえるお店です。

花が咲いたようなロゴもおしゃれです。「フロリレージュ」のロゴを踏襲したというこちらは、あずきの豆を6つ並べて氷や雪の結晶の六角形に見立て「あずきとこおり」らしさをイメージしたそう。

ゆったりとした時間が流れるスタイリッシュな空間

お店へ入ると、グレーを基調とした落ち着いた雰囲気の空間が広がっています。入り口のガラス扉からは太陽光が差し込み、ついつい長居したくなるくつろぎ空間です。“お客さんとのコミュニケーションを大切にしたい”という堀尾さんの想いから、カウンターの目の前にかき氷機が置かれており、出来上がるまでの様子を間近に眺めることができます。

一番人気は“和”と融合した「あずきとメレンゲ」です♪

旬の果物や野菜、ハーブなどを使用したものなど、常時5〜6種類のかき氷を1年中提供しているお店の一番人気は、さまざまな白色が重なり合った、アート作品のように繊細で美しいビジュアルが特徴的な「あずきとメレンゲ」です。昔から人々に親しまれていた日本らしい食材“あずき”を使ったメニューを作りたいと生まれた、通年味わうことができるかき氷です。

日光の天然氷をきめ細かく削りふんわりと盛りつけながら、練乳や十勝産の小豆、メレンゲやメレンゲクリーム、お餅など、“和”を感じるさまざまな食材を重ねて仕上げていきます。トップにはサクサクのメレンゲをふんだんにトッピングし、くちどけの異なる食感を楽しむことができます。

一口食べると、濃厚な練乳に甘さ控えめの小豆やメレンゲ、わらび餅のレシピを餅に置き換えて作ったというトロトロのお餅が調和した、ほっとするような優しい味わいが口いっぱいに広がります。シンプルながらもクセになる味わいです。

好きから生まれた新感覚のかき氷「インカのめざめ」

こちらはポテトチップス好きの堀尾さんが、“ポテトチップスを使ったかき氷があってもおもしろそう”、と思ったことがきっかけで生まれたという、冷製スープ仕立てのかき氷「インカのめざめ(小)」です。北海道産のジャガイモ「インカのめざめ」を使用したチップスがのるこちらは小さいサイズのかき氷で、通常サイズのかき氷を頼んだ人のみオーダーできるメニューとなっています。
冷製スープ仕立てのかき氷は季節によって内容が変わるので、訪れるたびに違ったフレーバーを楽しむことができますよ。

「インカのめざめ」のチップスやふわふわの氷、練乳やメレンゲクリーム、インカのめざめのピューレ、カマンベールのエスプーマなど、さまざまな食材を重ねながら作られたかき氷の中には、ひよこ豆が入っており、皮の食感をしっかりと感じることができます。注文を受けてから揚げるアツアツ・カリカリのチップスは、単体でももちろんおいしいですが、すべての食材と一緒に食べれば、練乳やメレンゲクリームの甘さ、インカのめざめのピューレやチップス、ひよこ豆の塩気が合わさった、ビシソワーズのような味わいが楽しめます。

小豆を練り込んだフレンチトーストも人気の一品

かき氷以外に、フレンチトーストもおすすめです。こちらは、駒場東大前駅にある人気ベーカリー「ル・ルソール」に依頼し、堀尾さんが炊いた十勝産の小豆を練り込んだ、特注のブリオッシュを使用した「あずきのフレンチトースト」です。ブリオッシュの上には小豆のエスプーマがトッピングされており、塩や小豆、追いがけ用の小豆のエスプーマがセットになっています。

一口食べれば、ブリオッシュに染み込んだ卵液や小豆のやさしい甘さが口いっぱいに広がり、練り込まれた小豆の粒の食感もしっかりと感じることができます。セットの塩をかければ甘じょっぱい味わいに変化し、味変も楽しめます。

食事と共に味わいたいドリンクメニューも揃います。こちらは、かき氷に使用したフルーツの皮や実を乾燥させたものを、茶葉と合わせた「オリジナルブレンドティー」です。
茶葉は奈良月ヶ瀬の茶農園・ティーファーム井ノ倉の3種の茶葉を取り扱っており、渋味と旨味が調和した「煎茶・相生」やすっきりとした味わいの「煎茶・山笑う」、上品でしっかりとした飲みごたえの「ほうじ茶・野遊」があります。3種の中から好みの味わいをセレクトしましょう。どれにするか悩んだら、店員さんに相談してみてくださいね。

パティシエならでは発想や技術が盛り込まれた、繊細で美しいビジュアルのかき氷を味わいに、「あずきとこおり」へ足を運んでみてくださいね。
※完全キャッシュレスなので、訪れる際にはクレジットカード・各種電子マネーを持参しましょう。