早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)は、早稲田大学の構内にある入館無料の文学館です。小説家・村上春樹さんの資料を収集する文学資料館ですが、展覧会などのイベントも活発に行い、訪れる人々の交流の場となっています。本を様々な場所で読めたり、レコードの音に耳を傾けたり、カフェでくつろいだりと、村上ファンならずとも楽しめるユニークな施設。日常をはなれて、トンネルの奥にある文学の世界をのぞいてみませんか。

居心地のよい空間が広がる大学構内の文学館

早稲田大学国際文学館、通称「村上春樹ライブラリー」は、2021年に大学の中にオープンしました。東京メトロ早稲田駅から大学構内を進み徒歩8分ほど。建築家の隈研吾さんによって大胆にリノベーションされた建物は、トンネルのような正面入口が印象的です。入館は無料で、誰でも利用可能。オープン当初は予約制でしたが、現在は20人以下の少人数であれば予約不要に。より身近になりました。

館内には本を読めるスペースがたくさん

館内は地下1階がカフェと再現書斎など、1階は村上作品が並ぶギャラリーラウンジとオーディオルーム、2階には展示室や映像を視聴できるラボなどがあります。文学館のシンボルは地下1階と1階をつなぐ大階段「階段本棚」。両側の本棚には、村上作品の関連書籍と、世界文学を考えるための本をセレクト。階段のほか、カフェを含む地下1階フロアで読むことができます。

階段本棚のほかにも、本がたくさん。1階のギャラリーラウンジには様々な言語に翻訳された本も含めた村上作品が並びます。海外の翻訳本はタイトルが異なっていたり、装丁も違うので比べてみると面白いですね。オーディオルームでレコードを聴きながら、ソファでくつろぎながらなど、本を楽しむいくつもの場所が用意されています。

レコードの空間「オーディオルーム」や展覧会スペースも

1階の「オーディオルーム」は、村上さんが好きだという北欧家具が置かれ、レコードから流れる音楽が心地よい空間。実際に村上さんが使っていたのと同様の高音質のレコードプレーヤーやスピーカーが置かれています。音楽に身をゆだねる贅沢な時間を過ごせる場所です。隣の「ギャラリーラウンジ」の本も持ち込めるので、音楽を聴きながら読書をしてみては。

ミュージアムカフェ「橙子猫(オレンジキャット)」で一息

文学館の地下1階には、カフェ「橙子猫(オレンジキャット)」があります。こだわりのコーヒーやスイーツ、サンドイッチやドライカレーといった軽食もいただけるお店です。村上さんご自身が使われていたテーブルと椅子席もありますよ。

ユニークなのは接客から広報、商品開発、企画まで早稲田大学の学生が行っていること。学生ならではの発想力で企画する、音楽サークルのライブやアナウンス研究会の朗読会など、カフェを舞台にしたイベントも楽しみです。イベントの予定は公式インスタグラムをチェックして。

本やカフェ、展覧会やイベントなど、村上文学を通じてさまざまな楽しみ方ができる文学館です。大学構内には村上さんも通ったという「演劇博物館」や、美術品などを展示する「會津八一記念博物館」もあります。いずれも無料なので、併せて見学してみてはいかがでしょうか。