小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第20回「帰ってきた義経」が22日に放送され、義経(菅田将暉)が“無言の鎌倉入り”を果たすラストに、ネット上には「涙腺崩壊…」「悲劇すぎる…」といった投稿が相次いだ。(以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

 京を離れ、奥州平泉へ逃れた義経だったが程なくして藤原秀衡(田中泯)が死去。これを知った義時(小栗旬)は、義経を鎌倉へ連れ帰るために平泉行きを志願。しかし義経の才を恐れる源頼朝(大泉洋)は、藤原国衡(平山祐介)・泰衡(山本浩司)兄弟の仲の悪さにつけ込み義経を討つように命じる。

 頼朝の命を受けた義時は平泉で義経に再会し、静御前(石橋静河)の消息を語って聞かせる。義経が鎌倉方への憎悪を高めると、義時は泰衡に接近。義経が国衡と挙兵しようとしていると吹き込み、義経を討つようにけしかける。

 第20回のクライマックスは、泰衡の襲撃を前に義時と義経が対峙。義経は「この首で平泉が守れるなら本望だ」と自分の運命を受け入れた様子で言い放つ。そして終盤では、討ち取られた義経の首が鎌倉に無言の帰還を果たす。

 義経の首が納められた首桶と向き合った頼朝は「九郎…」と弟の名を呼ぶと「よう頑張ったなぁ…」と労いの言葉をかける。悲願だった平家打倒の功労者でもある義経の首を前に、頼朝は「さぁ、話してくれ…。一ノ谷、屋島、壇ノ浦。どのようにして平家を討ち果たしたのか…お前の口から聞きたいのだ」と涙を流す。そして頼朝は涙をこぼしながら首桶を抱きしめ「九郎!」と叫びつつ「すまぬ…」と号泣するのだった。

 すれ違いから対立した兄弟のいさかいが、義経の死で決着するという悲劇的な展開に、ネット上には「涙腺崩壊…」「めっちゃ泣ける」「ダメだ号泣」などの声が続出。さらに「義経との再会がこんな形なのつらすぎる!!」「こんな悲しい兄弟の再会があるかい…」「悲劇すぎる…」といったコメントが集まった。

 また狂気と愛嬌を兼ね備えた新たな義経像を体現した菅田に対しても「菅田くんの義経、今までの彼の全てが詰まっていた」「儚げで美しかった」「菅田義経がいなくなるのはさみしい」などの反響が多数寄せられていた。