小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第31回「諦めの悪い男」が14日に放送され、義時(小栗)が息子・泰時(坂口健太郎)に非情な命令を下す姿が描かれると、ネット上には「こわいこわいこわい」「完全に闇堕ち」といった反響が巻き起こった。

 意識の戻らない源頼家(金子大地)の後継者をめぐって、比企能員(佐藤二朗)はまだ幼い頼家の長男・一幡(相澤壮太)を推し、早々に朝廷の許しを得ようと躍起になる。

 そんな中、全成(新納慎也)の息子・頼全(小林櫂人)が謀殺される。これが能員の指図によるものと判断した北条家は、比企家の館に攻め入ろうとする。戦で鎌倉が二分されることを避けたい義時は、まずは能員が後見人を務める一幡が次の鎌倉殿となることを阻止するために、北条として頼家の弟・千幡(嶺岸煌桜)を後継者候補として担ぎ上げるという作戦に出る。

 その後、義時は戦を避けるために一幡と千幡で鎌倉殿の役割を分けることを提案。しかし能員はこれを拒絶する。これで義時は大義名分を得たとばかりに比企家との対決姿勢を鮮明にしていく。

 義時は息子の泰時と2人きりになると、真面目な表情で「戦になったら、真っ先に一幡様を殺せ」と命じる。呆然とする泰時に、義時は続けて「生きていれば、必ず災いの種となる。母親ともども…」と語ると「頼朝様ならそうされていた」と言い放つ。

 義時が自身の息子に対して真顔で非情な命令を下す姿に、ネット上には「ひっ」「えっ」「こわいこわいこわい」などの反応が続出。さらに「鬼になったなぁ」「義時さんダークサイド…」「義時が完全に闇堕ちしてる。めっちゃ怖い」といったコメントも相次いでいた。