5月10日公開のアニメ映画『トラペジウム』より、追加声優キャストとして、相川遥花の出演が発表された。アイドルを目指す主人公・東ゆうが出会う“北の星”亀井美嘉役を演じる。

 乃木坂46一期生・高山一実の小説家デビュー作をアニメ映画化する本作は、自分の力で仲間を集め、アイドルを目指す高校生・東ゆうの物語。原作者の高山がシナリオ制作など映画制作に深く関わり、彼女でなければ描けないテーマ「アイドルが放つ輝き」とは何なのか、「アイドル」とは何なのかという“思い”を追求した。主題歌は、ボーカルにアイドルVTuberの星街すいせいを迎えた、MAISONdes「なんもない feat. 星街すいせい, sakuma.」。

 アイドルを目指す主人公の東ゆう役を、新人ながら『逃げ上手の若君』の主人公・北条時行役に抜擢された結川あさき、大河くるみ役を羊宮妃那、華鳥蘭子役を上田麗奈が務めることが発表されていた本作。この度、東ゆうが出会う仲間の1人、”北の星”亀井美嘉役に相川遥花が決定した。

 相川は、数々の人気作に出演する注目の声優で、テレビアニメ『江戸前エルフ』のメインキャラクター桜庭高麗役や『カードファイト!! ヴァンガード will+Dress』マイ役、「アカペラ」「女子高生」「コンプレックス」をテーマにした、キャラクター×若手女性声優の音楽プロジェクト「うたごえはミルフィーユ」熊井弥子役などで活躍を期待されている。

 “東”の高校に通う15歳の東ゆうは、「絶対にアイドルになりたい」という夢のために、自らに4箇条を課す。「SNSはやらない」「彼氏は作らない」「学校では目立たない」「東西南北の美少女を仲間にする」。アイドルになるため、東西南北の別々の高校に通う“輝く星たち”を仲間にしていくことを決めたゆうが、出会ううちの1人が、“北“の高校に通う黒髪ロングの亀井美嘉だ。

 相川が演じる亀井美嘉は、東ゆうと小学校の同級生だった昔は地味だったが、ゆうと再会した時には容姿が美しく変化しており、ゆうを驚かせることになる。大きな目と通った鼻筋、色っぽさを兼ね備えた美少女の美嘉は普段は控えめでクールだが、休日はボランティア活動に勤しんで、子どもたちに勉強を教える優しい心の持ち主だ。

 今回美嘉役に抜擢された相川は、「美嘉ちゃんは控えめで優しい性格の持ち主ですが、過去の経験から心が不安定になりやすく、多くの葛藤や苦悩を抱えています。そんな彼女と向き合い一瞬一瞬の心の動きを、大切に演じられるようアフレコに臨ませていただきました」とコメントしている。

 アニメ映画『トラペジウム』は、5月10日より全国公開。

※相川遥花のコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

亀井美嘉役を演じさせていただきます。相川遥花です。
美嘉ちゃんは控えめで優しい性格の持ち主ですが、過去の経験から心が不安定になりやすく、多くの葛藤や苦悩を抱えています。
そんな彼女と向き合い一瞬一瞬の心の動きを、大切に演じられるようアフレコに臨ませていただきました。
この作品が皆さまの夢への力になると幸いです。
不器用ながらも前へ進もうともがいて苦しんで、成長していく彼女たちをぜひ劇場で見届けてください。