桐野夏生による小説『燕は戻ってこない』がドラマ化され、4月30日よりNHK総合にて毎週火曜22時、BSP4Kにて毎週火曜18時15分に放送されることが発表された。主人公を石橋静河が演じ、稲垣吾郎、内田有紀が夫婦役で出演する。

 「命は誰のものか」という重要なテーマを、鮮烈なエンターテイメントに仕上げ、第57回吉川英治文学賞・第64回毎日芸術賞をダブル受賞した桐野夏生による小説の同名小説を、連続テレビ小説『らんまん』の長田育恵が脚色。社会的関心が高まる生殖医療の光と影を、女性のさまざまな生き方を見つめてきた「ドラマ10」で描く。

 派遣社員として暮らすリキ(石橋静河)は悩んでいる。職場の同僚から「卵子提供」をして金を稼ごうと誘われたのだ。アメリカの生殖医療エージェント「プランテ」日本支社で面談を受けるリキ。そこで持ち掛けられたのは「卵子提供」ではなく「代理出産」だった。元バレエダンサーの草桶基(稲垣吾郎)とその妻、悠子(内田有紀)が、高額の謝礼と引き換えに二人の子を産んでくれる「代理母」を探していた―。

 お金も夢もない、29歳のリキ。元トップバレエダンサーで、自らの遺伝子を継ぐ子を望む、基。その妻で、不妊治療をあきらめた、悠子―それぞれの欲望が、「代理出産」を通じて交差する、ノンストップ・エンターテイメントだ。

 主人公・大石理紀(リキ)を演じる石橋は「原作を読んで、貧困や女性蔑視、差別など、さまざまな叫びが頭の中に響きました。そしてこれを映像化することの重みを強く感じました」とコメント。

 元トップバレエダンサー・草桶基を演じる稲垣は「台本を読んだ時にとても考えさせられました。不妊治療、卵子提供や少子化問題、貧困問題が深刻な昨今、これはいま現在も多くの人が悩んでいることであり、決して他人事にできないお話でした」と話す。

 基の妻・草桶悠子役の内田は「この作品を通じて皆さんと共に、生殖医療について何か一つだけでも答えらしきものが見つけられるよう真摯に向き合いたいと思います」としている。

 そのほか、女性向けセラピスト・ダイキ役で森崎ウィン、リキの同僚・河辺照代(テル)役で伊藤万理華、生殖医療エージェント日本支社長・青沼薫役で朴ろ美、リキの叔母・佳子役で富田靖子、リキの元上司・日高役で戸次重幸、基の母・元世界的バレリーナの草桶千味子役で黒木瞳が出演する。

 ドラマ10『燕は戻ってこない』は、4月30日よりNHK総合にて毎週火曜22時、BSP4Kにて毎週火曜18時15分放送。

 石橋、稲垣、内田のコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■石橋静河(主人公・ 大石理紀役)

 この物語で行われるひとつひとつの選択において、誰も、誰のこともジャッジできない、と思いました。あらすじやトレーラーだけをみて映画を批評することができないように、他人の人生の表層だけをみて批評することは、本来ありえないことなのだと思います。

 原作を読んで、貧困や女性蔑視、差別など、さまざまな叫びが頭の中に響きました。そしてこれを映像化することの重みを強く感じました。

 今回リキという女性を、自分の身体を通して演じられることは、これからの人生において財産になる、と感じました。素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんと、力を合わせてこの「問題作」に立ち向かいたいと思います!

■稲垣吾郎(元トップバレエダンサー・草桶基役)

 台本を読んだ時にとても考えさせられました。不妊治療、卵子提供や少子化問題、貧困問題が深刻な昨今、これはいま現在も多くの人が悩んでいることであり、決して他人事にできないお話でした。出演者・スタッフの皆さんと心寄せ合いながら、感情の揺らぎを丁寧に表現していきたいと思います。

■内田有紀(基の妻・草桶悠子役)

 人は生きていくのに社会からはみ出さないように、何とか折り合いをつけて生きていく。また、自分の人生を精一杯生きたいと思っても、肉体がそれを許してくれない事もある。

 子供がいない夫婦。そして、代理母。

 この作品を通じて皆さんと共に、生殖医療について何か一つだけでも答えらしきものが見つけられるよう真摯に向き合いたいと思います。