佐藤浩市『Fukushima 50』、日本映画初!米軍が撮影に協力 自衛隊要人輸送ヘリも

佐藤浩市『Fukushima 50』、日本映画初!米軍が撮影に協力 自衛隊要人輸送ヘリも

 俳優・佐藤浩市の主演で福島原発事故を描く映画『Fukushima 50』の撮影に、日本映画では初めて在日米軍が協力していることが明らかにされた。

 本作は、ジャーナリストの門田隆将によるノンフィクション『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』(角川文庫)を原作にした人間ドラマ。2011年3月11日、東日本大震災により引き起こされた巨大津波に襲われ、想像を超える事故にさいなまれた東京電力福島第一原子力発電所を舞台に、事態収束のために奔走した約50名の作業員の戦いを描く。原子炉から最も近い中央制御室を指揮する1・2号機当直長・伊崎利夫役を佐藤が、福島第一原発所長の吉田昌郎役を渡辺謙がそれぞれ務める。メガホンを取るのは映画『沈まぬ太陽』の若松節朗。

 当時実施された被災地を支援する米軍の「トモダチ作戦」を描く場面の撮影は、1月28日、在日米軍横田基地で行われた。作戦会議のシーンの撮影に、施設内にある実際の作戦会議室が貸し出されたほか、米軍ヘリUH‐1を実際に飛ばし、東北支援に向けて発進する迫力のシーンが撮影された。また、同基地の本物の米兵がエキストラとして多数出演している。多くの米兵が関わった「トモダチ作戦」のリアルな再現に理解を示した米大使館関係者の協力で、撮影許可が下りた。

 横田基地第374空輸航空団の将校ジョニー役を演じたタレントのダニエル・カールは「個人的にも基地での撮影はとても楽しいものでした。みなさん、とても気さくに私の質問にも応じてくれて、貴重な経験をさせていただきました」と米軍の協力に感謝した上、「東北に強い絆を持つアメリカ人の一人として、あの『トモダチ作戦』の発令を行った司令官役を演じさせていただけたことを本当に誇りに思います」としている。

 米空軍は今回の撮影について「1日の撮影で、米国政府に費用負担をかけることなく、品位、自己奉仕、優秀さ、という空軍が掲げる本質的価値を損なうことなく、空軍隊員をしっかりと描写していただきました」とコメントしている。

 一方、当時総理大臣が福島第一原発を緊急訪問したシーンの撮影には、通常は皇室や総理大臣など国内外要人の移動に使用される自衛隊輸送ヘリES‐225LP “スーパーピューマ”が登場。総理役の佐野史郎が搭乗した。また、空から建屋の放水を行ったCH‐47JAヘリコプターの撮影も行われ、放水シーンでは当時の作戦に従事した隊員が協力し、機体内部の被ばくを防ぐアクリル板や装備等も忠実に再現された。

 映画『Fukushima 50』は2020年3月6日より全国公開。


関連記事

おすすめ情報

クランクイン!の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る