女優の吉高由里子が主演を務める新ドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系/毎週水曜22時)より、俳優の柄本佑、ジャニーズWESTの重岡大毅ら追加キャストが発表された。柄本は吉高ふんする主人公・ケイトの元カレの動物カメラマンを、重岡はケイトの現在の年下彼氏を演じる。

 本作は、週刊誌編集部を舞台に、現代社会の時事性の高いトピックスを扱いながら、主人公が記者としてだけではなく、人として成長していく姿を1話完結で描く“お仕事系ヒューマンドラマ”。大石静のオリジナル脚本で、吉高が自信家ながらも母譲りの人ウケのよさと人懐っこさで仕事も恋も絶好調の毎日を送る主人公・ケイトを演じる。

 数々のスクープを世間に送り出す週刊誌「週刊イースト」の記者・真壁ケイト(吉高)。ある日、ケイトをシングルマザーとして育て上げた母が急死。彼女が最期の言葉で告げたのは、今まで一度も話したことのなかったケイトの父の名前だった。なんとそれは、誰もが知るハリウッドスターの名前。信じられないながらも、それらしい証拠も登場し、ケイトは、出生の謎と父の秘密という、人生最大の『知らなくていいコト』にぶち当たる…。

 発表された追加キャストは主人公を取り巻く共演陣。柄本が演じるのは、ケイトの元カレで動物カメラマン・尾高由一郎役。運命に翻弄されるケイトに深く影響する人物となる。重岡は「週刊イースト」編集部の連載班に所属するケイトの年下彼氏・野中春樹を務め、ケイトの母で映画評論家で字幕翻訳の第一人者の真壁杏南役を秋吉久美子、「週刊イースト」の編集長・岩谷進役を佐々木蔵之介、ドラマ中盤から物語を大きく動かす謎の男を小林薫がそれぞれ演じる。ほかに、編集部員として、山内圭哉、今井隆文、小林きな子、関水渚、和田聰宏、森田甘路、本多力が出演する。

 柄本は「大石さんの脚本は初ですが若々しくエネルギッシュです。尾高という役を脚本以上に魅力的になるよう務めます。頑張ります」と語り、重岡は「これまでとは一味違ったキャラクターを頂けました。演じるのが楽しみです。物語の良いアクセントになれるように、撮影に挑んでいきたいと思います」とコメントした。

 新水曜ドラマ『知らなくていいコト』は、日本テレビ系にて2020年1月8日より毎週水曜22時放送。