渡辺満里奈が21日にツイッターを更新し、NHK連続テレビ小説『おちょやん』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)を視聴した10歳の娘が、成田凌演じる一平に対して、「もうやだ!一平大嫌い!もー、嫌い!」と怒っていたことを明かした。

 渡辺はこの日、「#おちょやん」のハッシュタグを付けて、「昨日の展開見て10歳娘が『もうやだ!一平大嫌い!もー、嫌い!』と激しく怒っていたので『一平は嫌いになっても、成田凌くんは嫌いにならないでください!』と心の中で叫んだ」とツイートした。

 昨日20日の放送では、一平(成田)が、妻の千代(杉咲花)がありながら、劇団員の灯子(小西はる)と“男女の関係”を持っていたことが明かされた。いったんは収束の方向に進んでいたが、ラストで灯子が一平の子どもを身ごもっていることが発覚。波乱の展開で幕を閉じていた。

 渡辺の娘の怒りと同じく、一平の行いには視聴者から「キツい」「離婚待ったなし展開」などさまざまな反響の声が寄せられていた。

 今日21日の放送で話はさらに進展し、千代が一平に離婚届を突きつけるという展開に。2人の行方がどうなるのか注目される。

 渡辺は2005年にネプチューンの名倉潤と結婚。名倉は『おちょやん』に岡福の岡田宗助役で出演中。千代を娘同然のように見守っている。

引用:「渡辺満里奈」ツイッター(@marina_w1970)