女優の黒木華と俳優の柄本佑が夫婦役でダブル主演を務める映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』より、黒木ふんする「夫の不倫」を描く漫画家・佐和子の姿を捉えた新たな場面写真が解禁された。

 本作は、『嘘を愛する女』や『哀愁しんでれら』などの話題作を輩出してきたオリジナル作品の企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM」で、2018年に準グランプリを獲得した『先生、私の隣に座っていただけませんか?』を映画化。結婚5年目にして夫が不倫した漫画家夫婦の、ウソと本音が交錯する究極の心理戦を描く。

 漫画家の佐和子役を黒木、佐和子の夫で同じく漫画家の俊夫役を柄本が演じ、そのほか、佐和子が通う自動車教習所の先生役で金子大地、佐和子の担当編集者・千佳役で奈緒、佐和子の母親役で風吹ジュンが共演する。脚本と監督は、ドラマ・映画と活躍の場を広げている新進気鋭の映画作家・堀江貴大。

 漫画家・佐和子の新作漫画のテーマは「不倫」。そこには、自分たちとよく似た夫婦の姿が描かれ、佐和子の担当編集者・千佳と不倫をしていた夫・俊夫は、「もしかしたらバレたかもしれない!」と精神的に追い詰められていく。さらに物語は、佐和子と自動車教習所の若い先生との淡い恋へ急展開し…。やがて現実と漫画の境界が曖昧になっていく―。

 新たに解禁されたのは、黒木ふんする佐和子が漫画を執筆している姿を捉えた場面写真。劇中では実際にペン入れをしたりトーンを貼ったりと、漫画執筆の作業も披露している黒木だが、そんなリアルな漫画家の姿を感じられる場面写真となっている。

 本作で佐和子役に黒木を抜擢した理由について、「黒木華さんのあのニッコリ笑ったキュートなスマイルを、どこか不敵な、ミステリアスな笑みとして描きたい。そんな妄想を抱いてオファーしました」と打ち明けた堀江監督。「僕自身、“佐和ちゃん、いま一体なに考えてるの…?”と気持ちよく翻弄され続けていました」と撮影当時を振り返り、「黒木華さんのミステリアスな魅力全開!の作品に仕上がりました。あらゆる人に楽しんでいただける映画にするべく、丁寧に丁寧に作った、まったくドロドロしていない夫婦×不倫映画です」と自信をのぞかせた。

 映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』は、9月10日より全国公開。