女優の鈴木杏が30日にインスタグラムを更新し、21年前に放送されたドラマ『六番目の小夜子』のオフショットを公開。当時共演していた勝地涼との2ショットを披露すると、勝地本人が「俺やっぱり薄い!」とコメントを寄せた。

 ドラマ『六番目の小夜子』は、恩田睦の同名小説を実写化した学園ミステリー。とある中学校に伝わる“サヨコ伝説”と、その中学校に突然やって来た“サヨコ”という名の転校生をめぐる少年少女たちの友情を描いていく。2000年4月から6月にかけて放送された本作は、主人公の潮田玲役を鈴木が、転校生・津村沙世子役を栗山千明が演じている。このほかにも勝地に加えて山田孝之や松本まりか、山崎育三郎らも出演している。また本作は31日(30日深夜)から8月2日(1日深夜)にかけての3日間、NHK総合にて再放送が行われる。

 本放送から21年の時を経た再放送を前に、鈴木が「ひゃーなんかどきどきするなぁ」と投稿したのは、『六番目の小夜子』のオフショット。写真には制服の上からジャケットを着た鈴木と学生服姿の勝地が並んでいて、2人はカメラにリラックスした笑顔を見せている。鈴木は再放送されるドラマについて「みんなめっちゃおぼこいよ〜」とつづりつつ「あー同窓会やりたいなー!」とコメントしている。

 鈴木の投稿には、勝地本人も反応。あどけなさが残る21年前の鈴木と自身の姿について「杏ちゃんかわいいわ 俺やっぱり薄い!うっっすい!」と投稿。さらにファンからも「あらま可愛い〜!」「懐かしい!!」といった反響も集まっている。

 勝地のインスタグラムでは、13日に『六番目の小夜子』について投稿していて、当時共演していた山田孝之との2ショットプリクラを公開している。

引用:「鈴木杏」インスタグラム(@anne.suzuki.official)
   「勝地涼」インスタグラム(@ryo.katsuji.official)