女優の生駒里奈が5日、都内にて開催されたエン*ゲキ#05『‐4D‐imetor』取材会に、共演の池田純矢、村田充、松島庄汰、田村心、新子景視、阿南健治とともに出席。コロナ禍の舞台上演に「私たちは誰かを楽しませるために存在している」と、劇にかける思いを語った。

 エン*ゲキ#05『‐4D‐imetor』は、俳優・脚本家・演出家である池田が自身の脚本・演出により、誰もが楽しめる王道エンターテインメントに特化した公演を上演するために作られた企画「エン*ゲキ」シリーズの最新作。シリーズ5作目となる同作は、量子力学をテーマに、四次元世界や超能力といった未だ解明されていないミステリーを、イリュージョンマジックを用いた演出で描く“体感型演劇”となっている。

 生駒は「素直にすごく楽しみにこの時間を迎えられたというわけではなく、今の情勢とか世界のことを見ると『いいのかな』という思いはある」と、コロナ禍の舞台上演に対する本音を吐露。続けて「ただ私たちは誰かを楽しませるために存在しているので、それができる喜びと、お客様にこの時間だけは絶対に幸せになってほしい。そんな気持ちでいっぱいです」と語った。

 役柄に関しては「アクションが1番派手かなと思っていて。しんどいです(笑)。でも楽しくやっています」と説明。アクションについては「ダンスは出来たんですけど、体育が1番嫌いな教科だったので大変でした。でもやってみてめちゃくちゃ楽しかったので、これからアクションもやっていきたいです。仮面ライダーになりたいので(笑)」と稽古を振り返った。

 そんな生駒を池田は「天才だと思っております。なにをやらせても一級品だしオーラもあるし。本当にうまく繊細に演じていただいて、キャラクターと生駒里奈という人間が同化していく感じが素敵だなと思いました」と絶賛した。

 また生駒は、上演に際しアイドル時代の仲間に連絡を取ることはあるかという質問に「友近さん。あと我が家の坪倉(由幸)さん」と、自身が所属していた乃木坂46のメンバーではなくお笑い芸人の名前を列挙。「ノギ(乃木坂46)のメンバーを誘うっていうのがちょっと…。今ツアー中でめちゃくちゃ忙しいし、どちらかというと舞台をやった仲間の人に自分の芝居を見てどう評価されるかなっていうのが気になるので、そんな感じです」と打ち明けた。

 エン*ゲキ#05『‐4D‐imetor』は、8月5日から8月15日まで上演。