女優の吉高由里子が主演を務め、俳優の松下洸平、井浦新が共演するドラマ『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)の第7話が26日に放送され、終盤で梨央(吉高)としおり(田中みな実)の過去の繋がりが判明。直後の急展開に、ネット上には「え、なんで!」「とんでもないとこで終わるじゃん!!??」「可哀想な最期」といった反響が巻き起こった。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

 梨央の前に現れたしおりは、真田グループの不正について追及する。話が見えない梨央はその場を去るが、しおりが自分や優(高橋文哉)のことを昔から知っていたような口ぶりに違和感を抱いていた。

 その後、優が場を設けたことによって、大輝と梨央は再会。そこで梨央は大輝から、しおりが大学生時代に白山大学陸上部との合同合宿に参加していたこと、梨央が手伝っていた陸上部の寮にも出入りしていたこと、そして行方不明の末遺体で発見された渡辺康介(朝井大智)による15年前の連続暴行事件の被害者の一人だったことも明かされる。

 大輝から学生時代のしおりの写真を見せられた梨央。彼女は写真の中のしおりがつけていたシュシュを見たことで、過去の記憶がよみがえる。そんな梨央はしおりからの取材に応じることに。改めてしおりと向かい合った梨央は「思い出しました、あなたのこと…」と切り出し、高校生の頃、合同合宿で寮に来ていたしおりにシュシュを貸してもらったこと、さらに暴行事件直前の意識が混濁したしおりの姿を見ていたことを告白する。

 暴行事件以降、人生が一変したというしおりは、今や経営者として成功した梨央の前で静かに怒りをたぎらせながら「罪を犯した人間は、報いを受けるべきなんです」と言い放つ。

 しかし第7話のラストでは、ビルから転落し死亡したしおりの姿が映し出される。事件のキーパーソンとして急浮上したしおりの突然の死に、ネット上には「いやいや待ってよとんでもないとこで終わるじゃん!!??」「なんていうラスト」「可哀想な最期だな…」「しおりの最期の姿、受け止めきれない…」などの声が殺到していた。