清野菜名がヒロイン役を演じ、坂口健太郎と共演するドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系/毎週火曜22時)の第7話が11月30日に放送され、倉科カナが1人2役で登場。坂口扮する百瀬の義姉とインフルエンサーを演じ分けるとネット上には大きな反響が集まった。

 倉科はこのドラマで、百瀬が憧れを抱き続ける兄嫁・美晴を演じ第1話から登場。物語の中で美晴と百瀬の兄で夫の旭(前野朋哉)との離婚危機も描かれたが、それを乗り越えて夫婦仲良く実家の弁当屋を営んでいる。

 第7話で百瀬の前に現れたのが、そんな美晴と瓜二つのインフルエンサー・香菜(倉科・2役)。ひょんなことから香菜は、百瀬が偽装結婚していることや義姉・美晴に憧れを抱いていること、さらに自分がそんな美晴と瓜二つということを知る。そこから香菜は百瀬に猛アプローチ。百瀬を意味ありげに見つめて微笑んでみたり、百瀬に対して「本当は百瀬さんは、私のことが好きで私のことよく見てるのかなぁ…って」とつぶやいてみせたり、「でも、もし私が勘違いしちゃってたら迷惑でした?」と潤んだ瞳で聞いたりと、モーションをかけ続ける。
 
 その後も香菜が休みの日に打ち合わせを口実に百瀬を呼び出し、挙句は家に上がったりする様子やわざとケガをして百瀬の気を引こうとする姿が描かれると、ネット上には「魔性の女〜」「わぁ…あざとすぎる…」「倉科カナさんうまいなーあざとかわいい女」などの声が相次いだ。

 また第7話では美晴も登場し、百瀬に対して明葉との仲を本気で心配する姿を見せると、2役を演じる倉科に対して「演じ分けする倉科カナ…ハンパねぇわ…」「すげぇな倉科カナさんの二役。全然雰囲気違う」「演じ分けすごすぎる」といったコメントもネット上に集まっていた。