東京ディズニーシーの8番目の新テーマポート「ファンタジースプリングス」の6月6日(木)のグランドオープンまで2月27日(火)でちょうど100日。そんな記念すべき日を祝う、セレモニーおよびプレゼンテーションが、ディズニーアンバサダーホテルで行われ、新たな情報が発表された。映画『塔の上のラプンツェル』エリア「ラプンツェルの森」のアトラクションは、ボートに乗ってランタンフェスティバルへ向かう内容になるという。

■ロマンチックなボート体験に!

 『塔の上のラプンツェル』の世界を舞台にした「ラプンツェルの森」は、森に足を踏み入れると、長い髪のプリンセス、ラプンツェルが小さい頃から暮らしていた塔がそびえ、ゲストを映画の世界に誘うエリア。

 世界のディズニーテーマパークで初めてライドに乗車してラプンツェルの物語を楽しむことができるアトラクション「ラプンツェルのランタンフェスティバル」では、ゲストはボートに乗って、ロマンチックな旅に出かけることができる。

 ボートの定員は16名で、体験時間は約5分。このアトラクションでは、年に一度のランタンフェスティバルへと向かうロマンチックなボートの旅で、フリン・ライダーと出会って「今までで最高の日」を迎えたラプンツェルの物語を追っていく。

 ボートに乗ったゲストは、ラプンツェルが暮らす塔に向けて進み、塔の窓辺から、身を乗り出しながら「自由への扉」を歌うラプンツェルとその様子を眺めるフリン・ライダーを目にすることになる。

 塔を抜け出したラプンツェルが映画に登場するさまざまな場所でフリン・ライダーと仲を深めていくシーンをめぐると、ゲストはランタンが夜空に浮かびあがるのを目にするとのこと。その先では、ラプンツェルとフリン・ライダーが「輝く未来」を歌い、ゲストは夜空いっぱいに広がる無数のランタンの灯りに包まれる。ロマンチックな時間を過ごすことができるだろう。

 そのほか「ラプンツェルの森」では、映画に登場する愉快な荒くれ者たちの酒場をテーマにしたレストラン「スナグリーダックリング」を楽しむことも可能。同レストランではアヒルをイメージした黄色のバンズに、荒くれ者たちが好みそうなジューシーなパテとソーセージがサンドされた「ダックリングドリームチーズバーガー」や、映画の中のラプンツェルの言葉「いつまでも幸せに暮らしました」から着想を得たネーミングのデザート「スウィーツエバーアフター(レモン&ストロベリー)」などを提供する。

【「ファンタジースプリングス」概要】
オープン日:6月6日(木)