熱海産の甘夏や静岡産の煎茶や抹茶を使ったパフェが、4月8日(木)から、静岡・熱海にある「Restaurant & Sweets 花の妖精」にて、期間限定で販売中だ。

■1年で約10種類を販売!

 「Restaurant & Sweets 花の妖精」は、広大な相模湾と錦ヶ浦の断崖を窓越しに眺められる“絶景カフェ”。今回販売される期間限定パフェは、1年で約10種類で、旬のフルーツを使った商品が季節ごとに登場する。

 4月8日(木)に販売が始まる「甘夏と煎茶のパフェ」は、甘夏とお茶の爽やかで奥深い苦みを表現した一品。柑橘や煎茶のソルベ、甘夏の焼酎マリネに、抹茶とヨーグルトのムース、抹茶のババロア、甘夏とエルダーフラワーのブランマンジェ、グラスの一番下にはライムとレモングラスのジュレが忍ばせており、サッパリとした後味が楽しめる。

 また、5月には「バラと木苺のパフェ」、続いて「グレープフルーツとライチのパフェ」が登場予定。さらに、7月頃には「桃のパフェ」など、さまざまなフルーツを使った一品が提供されるようだ。

【「甘夏と煎茶のパフェ」概要】
営業時間:ティータイム10時00分〜17時00分(ラストオーダー16時00分)/ランチタイム11時00分〜15時30分(ラストオーダー15:00)
定休日:火曜日、水曜日
販売場所:「Restaurant & Sweets 花の妖精」