北海道・知床にある北こぶし知床 ホテル&リゾートは、老朽化したサウナ室を時代にあわせてリニューアル。6月19日(土)にオープンさせた。

■春夏秋冬で景色が変化!

 サウナー専門ブランド「TTNE」が監修した今回のリニューアルでは、「KAKUUNA(カクウナ)」と「UNEUNA(ウネウナ)」の2種類のサウナ室が誕生。

 どちらにも風景をパノラマで切り取る大きな窓が設置され、眼下には、世界自然遺産である知床の大自然が広がる。「TTNE」のととのえ親方こと松尾大によると、「窓からの風景は、別の場所かと思うくらい風景が全く異なり、春夏秋冬で劇的に変化していきます」とのことで、冬にはオホーツク海の流氷を眺めることもできるそう。

 また、サウナストーブは、世界一のシェアを誇るHARVIA社のストーブを採用。ストーブを囲む壁面には六方石を使用し、知床の切り立った岩肌を表現している。ストーブの上のサウナストーンは、地下30km以下の深部にあるマグマから生成されたそうだ。景色に加えて、建築からも知床の大自然を感じられるようになっている。

 ちなみに、テレビはなく、聞こえるのはほのかなBGMのみ。このBGMにもこだわりが詰まっており、サウンドアーティストの松本一哉氏が知床の地で、環境音との即興演奏により録音・制作したドキュメンタルなサウンドを使用している。

 サウナが新設される大浴場は、展望大浴場「大海原」と露天スペース「汐音(しおん)」から成っているため、海と空の狭間に浮かぶような空間で、サウナとともに知床ウトロ温泉で疲れを癒やすことが可能だ。

【「KAKUUNA(カクウナ)」&「UNEUNA(ウネウナ)」概要】
リニューアルオープン日:6月19日(土)
場所:北こぶし知床 ホテル&リゾート