栃木・足利市にある“あしかがフラワーパーク”は、10月16日(土)から、500万球を超えるイルミネーションイベント「20th Anniversary 光の花の庭〜Flower Fantasy2021〜」を開催する。

■「フラワーキャッスル」が進化!

 イルミネーションイベントがスタートしてから20回目のアニバーサリーシーズンを迎えるあしかがフラワーパーク。今回は、20回目を記念した特別企画が実施される。

 まず、2017年の登場以来好評の「フラワーキャッスル」を、光の魔法で全面リニューアルすることが決定。花の美しさを極限まで追求した光の城は、夢と希望にあふれた花と光の芸術作品に進化する。

 また、11月下旬までの期間限定で、花手水のライトアップ展示「光の花手水」も開催。花のプロが創りあげる芸術作品は必見の美しさだ。

 さらにアニバーサリー企画以外では、期間に分けて、異なるテーマのイルミネーションも実施。10月16日(土)から11月中旬まではアメジストセージをライトアップ。11月下旬から12月下旬までは、サンタクロースも登場するクリスマス期間に入り、2022年1月1日(土)から2月14日(月)までは、新年らしいイルミネーションと咲きボタンのライトアップが登場する。

 そのほか、シンボルである大藤の咲き始めから、満開、舞い散るまでのストーリーをイルミネーションで再現したスポットや、パノラマに広がるバラをイメージしたイルミネーションも用意。訪れるゲストに心温まる感動を提供する。

【「20th Anniversary 光の花の庭〜Flower Fantasy2021〜」概要】
日程:10月16日(土)〜2022年2月14日(月) ※12月31日(金)は休園日
時間:16時30分〜20時30分(土日祝日は21時00分まで) ※12月初旬〜1月初旬は平日21時00分、土日祝日21時30分まで営業(予定)