バラエティ豊かな「沖縄そば」8選 南国のソウルフードを制覇せよ!

 スタンダードなメニューから驚きのアレンジ系まで、実はバラエティ豊かな沖縄そば。

 食事に、軽食に、いつでもどこでも食べたくなる、沖縄のソウルフードを何度でも。


歯ごたえのある
しっかりとした麺

■首里そば
[那覇・首里]


首里そば(中) 500円。

●首里そば(中)

麺:中太麺
スープ:あっさり
具材:三枚肉、ロース肉、カマボコ

 手もみを繰り返すことで生まれる歯ごたえのある麺が独特。

 時間をかけて作った澄んだスープは上品な風味。

首里そば

数ある沖縄そば店の中でも屈指の人気を誇る名店。早々に売り切れてしまうこともあるので要注意。そばだしで炊いた〈じゅうしい〉(200円)や〈氷ぜんざい〉(250円)もオーダーしたい。


所在地 沖縄県那覇市首里赤田町1-7
電話番号 098-884-0556
営業時間 11:30〜14:00頃
定休日 日曜、不定休
席数 30席
カード利用 不可
駐車場 あり
http://shurisoba.shop-pro.jp/

海藻を練り込んだそばを
趣ある古民家で

■沖縄そばと茶処 屋宜家
[南部・八重瀬町]


アーサそば(中) 800円。

●アーサそば(中)

麺:太麺
スープ:あっさり
具材:三枚肉、アーサ

 アーサを練りこんだ麺はカツオだしのスープとよく絡む。

 トッピングの生アーサが磯の風味をさらに高めてくれて絶妙な一品に。


沖縄そばのシメは氷ぜんざいが定番!

沖縄そばと茶処 屋宜家(やぎや)

赤瓦が美しい家屋は、国の有形文化財に登録された歴史ある佇まい。看板メニューの〈アーサそば〉は麺に海藻のアーサを練りこんだ変わり種。食後には〈ハーフぜんざい〉(250円)を。


所在地 沖縄県島尻郡八重瀬町大頓1172
電話番号 098-998-2774
営業時間 11:00〜15:45(L.O.)
定休日 火曜(祝日の場合営業)
席数 40席
カード利用 不可
駐車場 あり
http://www.ne.jp/asahi/to/yagiya/

繊細なスープと楽しむ
モチモチ手打ち生麺

■麺処 てぃあんだー
[那覇・天久]


ソーキそば(中) 780円。左は別皿のソーキ。

●ソーキそば(中)

麺:太麺
スープ:あっさり
具材:ソーキ、三枚肉

 自家製生麺は2日間熟成させることでモチモチとした食感。

 太麺または細麺から好きなほうを選べる。

麺処 てぃあんだー

沖縄そばのスープはカツオと豚のブレンドが主流だが、2種類の煮干しを加えることであっさりとした味わいに。「透明感のあるスープを楽しんでほしい」と、ソーキは別皿で提供。


所在地 沖縄県那覇市天久1-6-10
電話番号 098-861-1152
営業時間 11:00〜15:00(売り切れ次第終了)
定休日 月曜
席数 20席
カード利用 不可
駐車場 なし
http://www.teianda.com/

麺とスープの相性がすばらしい
王道ソーキそば

■そば処 玉家 本店
[南部・南城市]


左から:ソーキそば(大) 700円、ジューシー 150円。

●ソーキそば(大)

麺:細麺
スープ:あっさり
具材:ソーキ、カマボコ

 形の整った大きなソーキ(豚の骨付きアバラ肉)の存在感!

 カツオと豚でとったスープはまさに沖縄そばのスタンダード。

そば処 玉家 本店

2000年にオープンし着実にファンを獲得してきた専門店。亀濱製麺所の細麺に惚れこんだご主人が、麺との相性を第一に考えて作り出したさっぱりとしながらもコクのあるスープが大人気。


所在地 沖縄県南城市大里古堅913-1
電話番号 098-944-6886
営業時間 10:30〜18:00
定休日 無休
席数 60席
カード利用 不可
駐車場 あり
https://www.tamaya-soba.jp/

牛肉ともやしの山を制覇!
“デカ盛り”系そば

■前田食堂
[北部・大宜味村]


牛肉そば 750円。

●牛肉そば

麺:中麺
スープ:しっかり
具材:牛肉、もやし

 牛肉もやし炒めが山のように盛られたいわゆる“デカ盛り”系。

 ブラックペッパーをきかせたスパイシーな味わいにハマる人が続出。


前田食堂

連日多くの客で賑わっているが、そのお目当ては〈牛肉そば〉。まかない食からスタートし、創業の半年後に客の要望でメニュー化したという。以降、やんばるエリアの名物料理として人気。


所在地 沖縄県国頭郡大宜味村津波985
電話番号 0980-44-2025
営業時間 11:00〜17:00(売り切れ次第終了)
定休日 水曜
席数 32席
カード利用 不可
駐車場 あり

魚介のみのスープなど
こだわり尽くし

■自家製麺 金月そば 読谷本店
[中部・読谷村]


金月そば(並) 780円。左は別皿の軟骨ソーキ。

●金月そば(並)

麺:中麺
スープ:すっきり
具材:三枚肉、厚揚げ、軟骨ソーキ

 あぶった軟骨ソーキはスープが濁らないよう別皿で提供される。

 食べる際は、「そばにのせてもそのままでもご自由に」とのこと。

自家製麺 金月そば 読谷本店

豚を使わずカツオやサバなど7種の魚節を使用しただし、スープとの絡みを考えた自家製生麺などこだわりのオンパレード。提供するそばの種類によって、スープや麺を変えている。


所在地 沖縄県中頭郡読谷村喜名201
電話番号 098-958-5896
営業時間 11:00〜16:00
定休日 月曜(祝日は営業、翌日休)
席数 25席
カード利用 不可
駐車場 あり(公共無料駐車場)
https://kintiti.ti-da.net/

伝統orアレンジ
どちらを食すか

■島豆腐と、おそば。
 真打田仲そば
[北部・名護市]


左から:田仲そば(元味) 650円、島豆めし 450円。

●田仲そば(元味)

麺:中麺
スープ:あっさり
具材:チャーシュー、カマボコ

 特に気を配っているスープには上品なカツオの香りが漂う。

 スライスした肩ロース肉がのって出てくるのもこの店ならでは。


島豆腐と、おそば。
真打田仲そば

2017年、沖縄そばの名店が集う名護市に開店。伝統的な“元味”と白湯スープの“真味”が注目を集める。さんぴん茶で炊いたご飯の上に島豆腐がのる〈島豆めし〉のインパクトもすごい!


所在地 沖縄県名護市東江3-20-28
電話番号 090-1179-0826
営業時間 11:00〜17:00(売り切れ次第終了)
定休日 火曜、第1・3水曜
席数 30席
カード利用 不可
駐車場 あり

ゆし豆腐そばの
発祥店で元祖の味

■高江洲そば
[中部・浦添市]


ゆしとうふそば(大) 620円。

●ゆしとうふそば(大)

麺:中麺
スープ:あっさり
具材:ゆし豆腐、軟骨ソーキ

 ゆし豆腐をそばだしにくぐらせてから沖縄そばと合わせるため、そばと豆腐が違和感なく丼に収まっている。

 一度食べるとやみつきに。

高江洲(たかえす)そば

今では一般的なメニューとなったゆし豆腐そば発祥の店。オープンから1年後の1972年、ゆし豆腐か沖縄そばかでオーダーを迷っていた常連客のために作ったことがその始まりという。


所在地 沖縄県浦添市伊祖3-36-1
電話番号 098-878-4201
営業時間 10:00〜16:00(売り切れ次第終了)
定休日 日曜
席数 30席
カード利用 不可
駐車場 あり

※価格はすべて税込です。

Text=Kazuhiro Ito, Ran Takara(travelogue)
Photographs=Tomoya Nehala, Jun Nakamoto


関連記事

CREA WEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索