おじいちゃん、おばあちゃんの時代から今に続く歴史あるお菓子。現代生まれなのになぜか懐かしいパッケージのスイーツ。各都道府県のアイコンとなるような愛されお菓子が一同に!


#34 広島県

◆バターケーキの長崎堂「バターケーキ」


バターケーキ 1,000円(小・18cm)。

何度もリピートしたくなる懐かしい風味のバターケーキ

 長崎堂は広島で人気のバターケーキ専門店。

 長崎でカステラの製法を学んだ初代店主が、終戦後にバラックでカステラや和菓子を販売したのが始まり。

 1961年に誕生したバターケーキは、カステラをさらに美味しく滋養がある菓子へとアレンジしたもの。

 県内外からこのバターケーキを求める人が集まり、開店前から行列ができることや、売り切れになってしまうことも。


 パッケージはこんがりと焼けたケーキを思わせる茶色やオレンジ色を組み合わせており、昭和レトロな印象の書体もポイント。

 中に入っているしおりやケーキにかけられたフィルムからは、よりケーキを美味しく食べてもらいたいという心配りが感じられる。

止められない止まらないもう一口!


 ケーキはしっとりやわらかで表面からはバターの塩味がほんのりと広がる。

 食べたときの第一印象は素朴の一言なのだが、あっさりとした甘みとバターの風味がむしろ飽きのこない美味しさで、気が付くともう一口もう一口だけと手が伸びてしまう。

 牛乳やコーヒーなどはもちろん、番茶や煎茶などの日本茶とも相性がよいとのこと。のんびりと過ごす午後のおやつにいかが。

バターケーキの長崎堂

所在地 広島県広島市中区中町3-24
電話番号 082-247-0769
http://nagasakido.net/
※通販可(現金書留のみ、詳細はHP参照)

文=Five Star Corporation
写真=釜谷洋史