【山中秀樹】「昆虫」を食べるの大好きな井上咲楽ちゃん

 世に「昆虫好き」の人は多い。著名人では、漫画家のやくみつる氏は日本昆虫協会の副会長だし、俳優の哀川翔氏が自宅で大量のカブト虫を育てているのは有名だし、香川照之氏は昆虫のウンチクだけで、一本の番組をNHKで放送したほどだ。

 では、「昆虫食べるの大好き」という人は世の中にどれだけいるのだろう。めったにお目にかかれないのだが、タレントの井上咲楽ちゃんはその一人なのだ。テレビ朝日系月曜深夜の「ヤバいバル」という番組の新企画で、彼女の本領が発揮されている。2泊3日で伊豆大島を徒歩で巡り、食事は持参した昆虫のみ。しかもインスタに載せて「いいね」を一つもらえると、一匹食べられるというルールだ。しかしまあ、よくぞこんな企画を考えるテレビ局もスゴイが、この企画を喜々としてこなす彼女もスゴイ。

 太い眉が特徴的で、実に清々しく行動し、見ているうちにドンドン彼女に引き付けられていく。背中のリュックには、何種類かの食料用昆虫がプラスチック容器に小分けにされていて、その重さが15キロ。それを背負いながら、初日は18キロの道のりを踏破した。その体力にも驚かされる。

 圧巻だったのは、やっとインスタに「いいね」が一つ付いて、一匹虫をムシャムシャ食べるシーン。大きなマダガスカルゴキブリを素揚げにして、うれしそうに食べる。地上波では、その口元はイラストで隠されているが、ネット配信TVでは、スルーでその口元が見られる。

 ちなみにマダガスカルゴキブリは、フルーツにたかるので「フルーツゴキブリ」とも呼ばれるそうで、本人の言葉を借りると「フルーティーでおしゃれな味」だそうだ。まあ、一生食べる機会なんてないだろうけどね。

 この番組は「インスタ映え」「ネット配信」という今のトレンドを見事に押さえている。さて、いよいよ今夜第二弾の放送だ。井上咲楽ちゃん頑張れ!

 山中 秀樹(やまなか・ひでき)1958年生まれ、広島市南区出身。幟町小から修道中・高、早大第一文学部を経て、81年にフジテレビにアナウンサーとして入社。同局の看板アナウンサーの1人として幅広い分野で活躍。06年12月31日付で同局を退社。現所属は(株)タイタン。血液型はO、好きなものは芋焼酎で、苦手は変な日本語。特技はベンチプレス100キロ。美智代夫人と2人暮らし。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 中国スポーツ・エンタメコラムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索