【101回目の夏へ】広島大会7・12開幕 聖地へ燃える広商

【101回目の夏へ】広島大会7・12開幕 聖地へ燃える広商

 「第101回全国高校野球選手権広島大会」が7月12日にマツダスタジアムで開幕する(27日決勝)。91校90チーム(連合チーム1)が参加し、組み合わせ抽選会は6月29日に行われる。大会を前に全チームのメンバーと注目校を9回連載で紹介する。第1回は春季広島大会を15年ぶりに制した広島商。1年からレギュラーを務め、主将で4番の真鍋駿内野手(3年)がチームの柱。好守で勝利に貢献し、チームを15年ぶりの甲子園出場へ導く。



 誰よりも懸命に白球を追いかける姿がグラウンドにあった。三塁を守る真鍋は集中力を高めてノックを受ける。「守備に一番力を入れてきたので」。課題克服を目指し毎日のように流した汗。最後の夏に懸ける思いが原動力だった。

 「守備が下手と言われて悔しかった。うまくなりたくて毎日ノックを受けてきた。迷惑をかけないようにアウトを取りたい」

 1年からレギュラー。長打力が魅力の一方で守備は不安定だった。自らのミスが敗因となったこともある。一発勝負の夏。ワンプレーで試合の流れが大きく変わるだけに確実なプレーが求められる。

 荒谷忠勝監督(42)は入学当時の印象を「一番下手だった」と振り返る。それでも「責任感が強い選手。練習は最後まで残ってやっているし、自主練もする。できるようになってきている」。妥協せず貫いた継続力に目を細めた。

 チームは春季広島大会で優勝。安定した守備力が勝因だった。決勝トーナメントは6試合で計6失点。失点しても1回で1点以上を取られた試合はない。「ビッグイニングをつくらせず最少失点でしのごうと話をしていた」と真鍋。今夏を想定した負けられない戦いで結果が出たことは自信につながった。

 岩本(現広島)が在籍していた04年以来、15年ぶりの聖地を目指す広島商。最近は2年連続で準決勝で敗退しているだけに、「甲子園に出たいとずっと思って練習してきた。自分たちの世代でやってやろうという気持ちは強い」と真鍋。脈々と受け継がれてきた堅守に、さらに磨きがかかったチームを引っ張っていく。



投手陣の軸は 倉本&中岡



 投手陣は倉本裕翔投手(3年)と中岡大河投手(3年)の二枚看板が軸。春季広島大会では共に3試合ずつに先発した。夏の戦いは勝ち進むにつれ連戦が待っている。

 春季中国大会の関西戦(岡山)では、中尾要一郎投手(3年)が試合途中から登板し強打を相手に3回1安打無失点と好投した。荒谷監督は「倉本、中岡の次に投げられる投手が重要になってくる」と話し、さらなる投手陣の底上げをして本大会に臨む構えだ。



 ◆学校創立=明治32年◆所在地=広島市中区舟入南6の7の11◆県立◆創部=明治32年◆甲子園出場=夏22(春21)


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 中国スポーツ・エンタメコラムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索