「知将・上田利治9」関西大学野球部(前編)

「知将・上田利治9」関西大学野球部(前編)

 【気骨で生きる〜知将・上田利治9】(前編)

 大阪の南部に河内長野という市がある。そこから難波へ出て電車を乗り換え、梅田を通り越して、千里の関大にやっと着く。

 河内長野には母・阿吾(あご)の実姉の嫁ぎ先があり、そこを下宿先に選んだのだ。通学に2時間近くはかかる。なのに法学部生で野球部員である上田利治は、朝の9時に出席をチェックされる1時限目から授業を受け続けた。上田の得意科目は数学で、微分、積分を「解くのが楽しかった」と著書『知将』にある。

 たまにはサボればええのに…。サボる?上田の辞書に「サボる」はない。阿吾の汗で学費や下宿代が賄われている。サボる?間違っても上田にこの感情はない。何より野球も授業も全力でやり遂げたい。

 「親を裏切ることなんかできるわけがないもんね」

 聞けば上田はこう答える。

 関大野球部でも、人生を大きく動かす出会いがあった。相手は「村山実です」と名乗り、こちらも挨拶した。いや、実はこの日が初対面ではない。高3の時、関大のセレクションを受けた2人は村山が投げ、上田が捕っている。

 「(村山の球は)迫力があった。手がしびれたもんね」

 上田の懐かしい回顧である。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 中国/四国ゆかりの人間物語の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索